個人事業主がキャッシングするなら、消費者金融がおすすめの理由

自営業者や個人事業主は、一般的なサラリーマンと比べて収入が安定しないと評価されることが多いので、無担保のキャッシングは難しいと思われがちです。

実際には個人事業主が利用できる無担保ローンやカードローンはどれくらいあるのでしょうか?
また、キャッシングできるとしても事業性資金として利用できるのでしょうか?

そうした不安を抱えている個人事業主のために、今回は個人事業主が利用できるキャッシングや審査通過のコツまで詳しく解説します。

個人事業主でもキャッシングできる!

銀行などの金融機関や大手消費者金融会社では個人事業主に対してどのような対応をしているのでしょうか?

主なローン会社の対応を表にまとめてみました。

個人事業主への対応

まずは主な金融機関やノンバンクの無担保ローンが、個人事業主に対してどのような対応をしているのかを下記の表で確認してみましょう。

個人事業主がキャッシング可能なノンバンク・銀行 個人事業主への融資 ビジネス向けローンメニュー
プロミス 自営者カードローン
アコム ビジネスサポートローン
SMBCモビット
レイクALSA
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
楽天銀行 楽天銀行ビジネスローン
じぶん銀行

上記の表ではノンバンクに限らず銀行カードローンでも個人事業主を対象としていますが、一般的なカードローンとビジネス向けローンには大きな違いがあります。

その違いを資金使途から考えてみましょう。

資金使途の違い

無担保ローンのほとんどはフリーローンやフリーキャッシングとも呼ばれている通り、使いみちが自由なローンです。

同じ無担保ローンでも目的別ローンと呼ばれているローンでは明確に資金使途が限定されています。

たとえば車を購入するための自動車ローンや、増改築資金に限定したリフォームローンなどが代表的な目的別ローンです。

目的別ローンは資金使途を限定している代わり、フリーローンに比べて低金利で提供しています。

ビジネスローンも目的別ローンの一種ですが、金利に関してはフリーローンと比べて低金利ではありません。

これは事業性資金に使われるため、未収リスクが高くフリーローンとほぼ同じ金利が適用されるためです。

しかし、目的別ローンであることは間違いないので、事業資金が必要のないサラリーマンなどの会社員は利用することはできません。

消費者向けのフリーローンやカードローンは、会社員はもちろん自営業者といった個人事業主でも、年齢などの条件さえクリアすれば利用が可能です。

しかしビジネス向けローンに関しては経営者や個人事業主しか利用できないということを覚えておきましょう。

使いみちに注意!事業性資金に使えるかをチェック

それではローンの使いみちに関して事業性資金が使えるのかどうかを具体的にチェックしてみましょう。

ビジネスローン以外で事業性資金に使えるローン

無担保ローンの中でもフリーローンは使いみちが自由となっているローン商品がほとんどですが、中には事業資金は除くという条件がついている場合もあります。

個人事業主には事業性資金にも運用できるローンが便利なので、申し込みする前には使いみちが限定されていないか必ず確認しましょう。

個人事業主がキャッシング可能なノンバンク・銀行 資金使途
プロミス 生計費および事業費
アコム 特に制限なし
SMBCモビット
レイクALSA 自由(事業性資金を除く)
三菱UFJ銀行
みずほ銀行
楽天銀行
じぶん銀行

銀行カードローンに関しては明確に事業資金への利用を禁止していますが、消費者金融のカードローンでは対応がまちまちです。

しかし、個人事業主は生活資金として借り入れしても、間接的に事業資金に運用できるという特殊な事情があります。

その使い方について解説しましょう。

個人事業主としての使い方

個人事業主が法人と大きく異なるのは、法人は代表者と会社組織ではお金の流れがまったく違いますが、個人事業主の場合はほとんど区別がつかないという点にあります。

個人事業主の会計には「事業主貸」「事業主借」という法人にはない2つの勘定科目があります。

この2つの科目によって消費者としての個人と事業者としての個人を区別することができます。

基本的に個人事業で得た利益は事業で使用する消耗品や資産の購入以外は、「事業主貸」の科目で消費者としての個人に付け替えます。

つまり事業主貸の中から生活費を捻出するというのが個人事業主の会計です。

そのためビジネスローン以外の一般カードローンなどで借りたお金を生活費に利用すると、事業主貸でお金を捻出する必要がなくなります。

結果としてカードローンで借りたお金を生活費に利用しても、事業主貸をしないで浮いたお金で事業資金に運用できます。

ただし、この使い方は少額の資金調達には有効ですが、ある程度まとまった事業資金が必要であればビジネスローンでなければ対応できません。

消費者金融をおすすめする理由とは?

個人事業主におすすめの無担保ローンは消費者金融のフリーローンやカードローンです。

銀行カードローンは低金利というメリットがありますが、消費者金融カードローンにもメリットがあるのでそれらをご紹介しましょう。

銀行ローンに比べると審査を通りやすい

銀行ローンと消費者金融ローンを比較すると、消費者金融は審査の通過率が高いというイメージがあります。

実際に消費者金融は金利が高い分、審査基準はやや低くなっています。

一方で銀行カードローンも最終的な審査は保証会社のノンバンクなので、それほど審査基準に違いがないようにも思われます。

しかし、ぎんこうかードローンでは銀行と保証会社の二重の審査が行われることや、金利が高いほど審査基準も高くなることを考えると消費者金融のほうが審査を通過しやすいと言えます。

ただし、消費者金融もきちんとして審査基準にしたがって審査を行っているので、だれでも審査を通過するわけではないということは意識しておきましょう。

スピード融資が可能

銀行カードローンは自主規制が強まっているので、どこのカードローンも即日融資はできません。

これに対して消費者金融ローンは最短で即日融資が可能という業者がほとんどなので、急ぎの資金調達という点でメリットがあります。

消費者金融の審査システムはスコアリング方式と呼ばれていて、審査項目を点数化して合計点数でローンカードの発行を決定します。

このシステムはコンピュータで処理しやすいため、最短数分で審査結果がわかることも多く即日融資が可能となります。

さらに審査を通過してからも、振込キャッシングや自動契約機での即日カード発行が可能なので、すぐに融資できるサービスも充実しています。

個人事業主にとっても急に資金が必要になるというケースは少なくないので、消費者金融は強い味方になります。

資金使途の自由度が高い

一般的なカードローンの場合、銀行カードローンでは事業性資金に利用することは認められていませんが、消費者金融では明確に事業資金への運用を禁止しているところはあまり多くありません。

プロミスのように生活資金と事業資金のどちらにも使えることを明記している消費者金融もあります。

そのため個人事業主にとっては使いみちを区別する必要がないので、自由な使い方ができるというメリットがあるのです。

また、ビジネスローンでは無金利期間サービスは提供されませんが、消費者金融の無金利サービスを利用すれば短期間で少額の利用は無金利で資金調達も可能です。

長期的な金利では銀行カードローンが低金利ですが、短期的には消費者金融の金利が低金利となることもあります。

審査通過する確率を上げるには?申込のポイント

消費者金融の審査を通過するためにはどのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?

審査を必ず通過する裏技はありませんが、審査の通過率を高くする方法はあります。

消費者金融の借入条件・必要書類

まずは消費者金融の借入条件や申込基準に達しているかどうか、必要書類をしっかり準備できるかが重要なポイントとなります。

消費者金融によって違いはありますが、基本的に申込条件に関しては以下の2つが共通しています。

  • 20歳以上で安定した収入がある
  • 保証会社の保証を受けられる

上限の年齢は消費者金融によって少し違いがありますが、65歳前後が限度となります。

年齢で気をつけるのは満年齢であることで、来月で20歳になるといった場合でも申し込みは受け付けられません。

1日でも20歳に達していなかったり、上限年齢を超えていたりという場合は審査以前に申し込みができないので注意しましょう。

また申し込みに必要な書類は以下の2種類があります。

  • 本人確認書類
  • 収入証明書

運転免許証やパスポート、個人番号カードなど顔写真付きの証明書コピーが本人確認書類の基本となります。

顔写真がない健康保険証などの場合は、それ以外にもう1点の提出が必要な場合があるので気をつけましょう。

収入証明書に関しては一般のカードローンでは50万円超の申込や他社を含めて100万円超となる場合のみ必要となります。

個人事業主は直近の確定申告書の写しが基本的に必要です。

消費者金融申込のポイント

申込条件をクリアし、必要書類も準備できる状態になってはじめて申し込みが可能となりますが、それだけでは審査を通過しません。

消費者金融の審査を通過するためには以下のポイントが重要です。

  • 個人信用情報機関に事故歴がない
  • 他社の利用件数や残高が多すぎない
  • 収入が安定している

上記の審査通過ポイントは一般的なカードローンでもビジネスローンでも共通のポイントです。

個人信用情報機関に事故歴が記録されていると、どんなに高所得でも審査は通過しないので、個人信用情報機関から記録が抹消されるまで申し込みを控えましょう。

また、一般消費者向けカードローンの場合は年収の1/3を超える申し込みはできません(総量規制)が、ビジネスローンは総量規制の対象外なので1/3を意識する必要はありません。

それでも無制限に貸付できるわけではないので、極端に残高が大きい場合には審査に影響があります。

個人事業主の場合は収入ではなく所得で判断されますが、課税対象額ではなく各種控除や減価償却費などは所得として判断されます。

そのため一時的に減価償却が大きくなった年度でも適正な所得で判断されるので安心しましょう。

希望利用限度額は少ないほうがいいか?

審査を通過することを考えると、なるべく希望する融資限度額を少なくするという方法も考えられます。

しかし、カードローン会社は50万円の希望限度額で申し込みしたものを30万円に減額することはありますが、その反対はほとんどありません。

なぜかというと希望限度額を基準として審査するので、それを超える金額では判断しないということと、利用者の承諾なしに増額することができないからです。

返済能力が高いのに極端に低い希望額であれば、電話連絡をして増額をする可能性も考えられますが、その場合は申し込みのし直しが必要となります。

そのため自分の収入でいくらの限度額が与えられるかわからない以上、基本的には利用したい金額をそのまま希望しましょう。

その結果として、たとえ減額されても利用を積み重ねることでその後の増枠申請は可能です。

事業性資金に使えるおすすめカードローン3選

最後に確実に事業性資金の調達用として利用できるおすすめのカードローンを3つご紹介します。

ビジネクスト事業者ローン

ビジネクスト

ビジネクストは大手消費者金融アイフルグループの一員の消費者金融会社です。

ビジネクストでは事業者ローンとしてビジネス用カードローンを発行しています。

また、事業者ローン以外にもファクタリングや不動産担保ローンなど幅広い事業調達方法があるので、担当者に相談して適切な資金調達ができることがビジネクスト最大のメリットです。

ビジネクストのカードローンの基本スペックは以下の通りです。

  • 融資対象者

・法人または個人事業主

・申込時年齢満20歳~満69歳まで

  • 融資額:最大1,000万円(新規取引時は500万円)
  • 契約利率(実質年率)

8.0%~15.0%(利用限度額100万円以上)

13.0%~18.0%(利用限度額100万円未満)

  • 担保・保証人不要

オリックスVIPローンカードBUSINESS

オリックスVIPカードローン BUSINESS

オリックスはリース会社ですが巨大な金融グループも形成していて、オリックス・クレジットもその一員です。

オリックス・クレジットが発行する「オリックスVIPローンカードBUSINESS」のメリットは比較的低金利であることと、オリックスグループのレンタカーやホテルを優遇価格で利用できる点です。

こうした福利厚生的なサービスは他のビジネスカードローンにはありません。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの基本スペックは以下の通りです。

  • 契約枠(コース):50万円~500万円
  • 金利(実質年率):0%~17.8
  • 申込条件

20歳~69歳までの方で、以下のいずれかに該当する方。

・業歴1年以上の個人事業主の方。

・法人格を有する事業の代表者の方

プロミス自営者カードローン

プロミスは三井住友銀行グループの消費者金融会社として安心して利用できます。

プロミスは一般消費者向けのカードローンでも個人事業主であれば事業資金として利用することができます。

しかし、自営者カードローンは明確に総量規制の対象外となるので、なるべく大きな利用枠で使いたい場合は自営者カードローンがおすすめです。

もちろん自営者カードローンでも生計費として利用することは可能です。

基本的なスペックは以下の通りです。

  • 借入利率(実質年率):3%~17.8
  • 融資限度額300万円
  • 申込条件:年齢20歳以上、65歳以下の自営者の方

まとめ

個人事業主でも低金利で資金調達したい場合は、日本政策金融公庫などの公的融資を利用することができます。

しかし、こうした低金利融資は融資実行までに時間がかかり、何度も利用できないというデメリットがあります。

そのため低金利融資は高額な運転資金で利用し、少額の急な資金調達はスピード融資が可能で審査も通りやすい消費者金融がおすすめです。

個人事業主もキャッシングを利用して生計費や事業費にうまく活用すれば、安定した事業経営に役立てることもできます。

事業費、運転資金、設備投資・・・資金繰りで悩む経営者・事業主の方へ 経営者・個人事業主専用カードローン ビジネクスト