個人事業主こそ法人カードを持つべき!そのメリットを解説

クレジットカードは一般的に個人で利用するものですが、法人や事業主を対象者として発行しているクレジットカードもあります。
法人や事業主向けのクレジットカードは、法人カードやビジネスカード、コーポレートカードなどと呼ばれています。

個人カードと法人カードでは機能やサービスにどのような違いがあるのでしょうか?
また、特に個人事業主が法人カードを利用するメリットはあるのでしょうか?

今回は個人事業主にとってメリットのある法人カードの活用方法や、おすすめの法人カードのご紹介をします。

個人事業主が法人カードを使うメリット

個人事業主や自営業者の場合、個人名義のカードを事業用の物品購入に利用しても特に問題はありません。
きちんと仕訳さえしていれば決済手段はそれほど影響がありません。

しかし個人カードを事業用と消費の両方に使っていると時間が経過するほど、どちらに使ったのかわからなくなります。
そのため、個人カードと法人カードを使い分けることで経費精算するときの手間がグッと抑えられます。

個人カードと法人カードの使い分け

個人事業主にとって法人カードのメリットは、個人消費とビジネス向けの用途を使い分けることで、確定申告書の作成が楽になるという点があります。
法人カードを徹底して経費の支払に使用することで、確定申告の時期にあわてて仕訳する必要もなくなります。

クレジットカードを利用すると毎月明細書が送付されます。
この明細書を個人と法人に分けて保管しておくだけで、事業用に使用した金額がすぐにわかります。
最近ではWEB明細書が主流ですが、WEBから明細をダウンロードし印刷することもできるので、デジタルよりも紙で管理したいという方は、このような方法を使うと便利です。
仮に紛失したとしても、再度ダウンロードしたデータを印刷すれば済むので、PC上でもフォルダ分けをしておけば管理がより楽になります。

法人カードで経費管理がもっと楽になる!

一般的にオフィス用品や会社の備品などを購入する場合は、従業員が立て替え払いをしたり、事前に小払の請求をしたり経費精算の手間がかかります。
こうした経費処理の手間が法人カードで決済することで解消されます。

個人事業主の場合でも経理を簡略化し、管理の手間を削減する意味でもメリットがありますし、また、従業員をかかえているのであれば、負担を減らすためにも持つべきです。

法人カードの決済は口座振替が原則ですが、口座振替には手数料がかからないため、振込手数料も節約することができます。
毎月複数の振込手数料が発生する事業者は、法人カード決済に切り替えるだけでも大きなメリットとなることでしょう。

ポイントプログラムを使でば、経費を無駄にしない

一般的な個人カードには必ず付帯されているサービスのひとつにポイントプログラムがあります。
これは一部のクレジットカードを除き、年会費無料のカードであってもほぼ付帯されています。
ポイントサービスはカード決済した金額(キャッシングや年会費は除く)に応じてポイントが付与され、貯まったポイントを商品などに交換できます。

一般的な個人カードでは1,000円で1ポイント付与され、200ポイントで1,000円相当の商品交換ができます。
平均的なポイント還元率は0.5%になっていますが、カードによって違いがあり、基本還元率が1.0%以上のクレジットカードは、高還元率カードとも呼ばれます。

法人カードにもポイントサービスがあります。
先に紹介した個人向けのカードと同じように、貯めたポイントを使って商品交換が可能。額にするとわずかかもしれませんが、こうした仕組を利用することが経費削減につなげることもできるかと思います。

なお、年会費無料の法人カードの場合ポイントサービスがない場合もあります。
ポイント還元で経費を節約したい方は、ポイントサービスのある法人カードを選んでください。

法人カードの選び方

法人カードにもいろいろな種類があるので、使いみちに合わせた法人カードを選びましょう。
簡単ですが法人カードの選び方をまとめてみました。

法人カードを選ぶポイント
・申込対象が企業向けか、法人代表者または個人事業主向けかを必ず確認
・追加可能な社員カードの発行枚数を申込前に確認
・経費決済だけに利用するなら、年会費無料でもOK
・充実したサービスを求めるなら、年会費無料の法人カードはNG
・国内出張が多ければ空港ラウンジサービスのある法人のゴールドカードを選択
・海外出張が多いなら海外サービスの多いカードを選択

発行できる社員カードの枚数が少なかったり、利用額が大きくしたいという時はグレードの高いカードを申込みするなど、必要に応じた内容のものを選択するのが大事です。もちろん、発行には審査があるなら必ずしも通過するわけではありません。
ご自身の運営している事業規模や事業年数にあったものを選択し、業績や業務が拡大したタイミングでグレードアップするなどしていってみてください。

個人事業主にはステータスも重要

個人事業主は法人と比べて信用力が低いと判断されてしまいます。
銀行口座をひとつ開設するだけでも、屋号付きのビジネス口座は個人名義の口座開設に比べて提出書類も多く手間がかかります。

そのため事業規模がある程度大きくなってから、法人化したり、屋号付きの口座を開設したりする個人事業主も多いことと思います。

またステータスが高い法人カードをビジネスシーンで使用できれば、取引先への信用度のアピールにつながります。
ステータスの高いクレジットカードといえば、ゴールドカードやプラチナカードですが、取引相手へのインパクトを考えるとプラチナカードを選択しましょう。

個人カードのプラチナカードはインビテーション(招待状)がなければ、入会できないのがプラチナカードの基本ですが、ビジネスプラチナカードに限っては入会申込みが可能。
個人のプラチナカードよりも入会しやすいシステムになっています。

入会審査基準も思ったほど厳しくないといわれ、個人事業主や法人代表者でプラチナカードが欲しい場合は、個人カードよりも法人カードでの取得してみてはいかがでしょうか。

個人事業主におすすめの法人カード

それでは個人事業主におすすめなカードを紹介します。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード

法人代表者と個人事業主向けに発行しているなかでも特に有名なのが「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード」です。

ステータスを求める事業主におすすめの1枚。

通称:グリーンカードと呼ばれている一般カードでも、他社のゴールドカードに匹敵するサービス内容となっているのも、おすすめするポイントです。

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードの基本スペック

年会費 12,000円/年
申込対象 法人代表者、個人事業主
限度額 審査により個別に決定
国際ブランド アメリカン・エキスプレス
追加カード 枚数制限なし
6,000円/年
ETCカード 5枚まで可
500円/枚
ポイントプログラム メンバーシップ・リワード
100円=1ポイント
1度ポイント交換すれば有効期限が無期限
ポイントは商品交換だけでなく、マイル交換や支払い利用も可能
メンバーシップ・リワード・プラス登録でポイントがより貯まりやすくなる(登録費3,000円)
空港でのサービス 空港ラウンジ無料利用(+同伴者1名無料)
無料ポーターサービス
空港パーキング割引
手荷物無料宅配サービス(スーツケース1個)
保険、補償 海外旅行保険:最高1億円
国内旅行保険:最高5,000万円
ショッピング保険:最高500万円
プロテクションサービス オンライン・プロテクション
リターン・プロテクション
ショッピング・プロテクション
支払い方法 1回払い
※リボ、分割、ボーナス一括は入会6か月後に利用申請
発行期間 2~3週間

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カードでは上記の基本サービス以外にビジネスサポートのサービスがあります。

さらに「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールドカード」以上では、「ミーティングスクエア」利用できます。
これは都内の事業者だけに限らず地方の事業者でも都内への出張が多い場合は便利です。
月会費20,000円で、帝国ホテル内の会員専用スペースを同伴者1名まで利用できます。

ステータスを考えるとゴールドカードを持つのがおすすめですが、カード年会費を経費計上できるので、メリットを感じられた方はより高いステータスカードを目指してはいかがでしょうか。

JCB法人カード

JCB法人カード(一般)海外出張などがほとんどなく、国内利用がメインであれば、国内ブランドしては最強のステータスを誇る「JCB法人カード」がおすすめです。

JCB法人カードの基本スペック

年会費 1,250円/年
※オンライン入会は初年度無料
申込対象 法人、個人事業主(法人代表者含む)
限度額 10万~100万円
国際ブランド JCB
追加カード 枚数制限なし
1,250円/年
※オンライン入会は初年度無料
ETCカード 複数枚発行可能
※ただし、希望通枚数通りに発行できないことあり
年会費無料
ポイントプログラム Oki Dokiポイント
ポイント還元率0.5%(1,000円で1ポイント付与)
キャッシュバック利用可
ポイント優遇店での利用でボーナスポイント
カード一定額利用で「JCB STAR MEMBERS」のサービスを特別提供
空港でのサービス
保険、補償 海外旅行保険:最高3,000万円
国内旅行保険:最高3,000万円
ショッピング保険:最高100万円(海外のみ)
プロテクションサービス
支払い方法 1回払い、2回払い、ボーナス払い、分割払い、リボ払い
発行期間 約1か月

JCB法人カードは提供されているサービスは、スタンダードな個人カードとほぼ同じとなっていて年会費も手頃。一般的なクレジットカードのサービスがほぼ全て付帯されています。

追加カード発行枚数に制限はありませんが、カード利用枠の範囲内での利用となるので、追加カードの発行枚数が多い場合は、ランクが上の「JCBゴールド法人カード」がおすすめです。
なお、JCBゴールド法人カード年会費10,000円で、空港ラウンジが無料で利用できたり、有名ゴルフ場の予約サービスなどもあったりします。
空港を利用する機会や接待などでゴルフ場を活用するという方は、こちらを選択しましょう。

JCB法人カードには、上記以外にもビジネスサービスとして、オンライン予約でのチケットレス国内出張やオフィス用品購入特典、会計・経理作業の効率化ソフトの特典などもあります。
年会費が安いにも関わらず、盛りだくさんの特典内容となっているので、初めて持つ法人カードとしては申し分のないスペックだと言えます。

まとめ

個人事業主でも法人カードを利用することで、経費の処理や管理が楽になります。
また、クレジットカードのポイントサービスや優待特典を利用することで経費の節約ができ、カードの特典サービスを活用すれば社員への福利厚生をより充実させられます。

まだ、法人カードを利用していない個人事業主の方は、この機会に法人カードを検討してみましょう。

事業費、運転資金、設備投資・・・資金繰りで悩む経営者・事業主の方へ 経営者・個人事業主専用カードローン ビジネクスト