賢い法人経営・ビジネスはクレジットカード選びから始まる

法人カードは、対象を法人経営者や個人事業主向けとして発行されるクレジットカードのことです。

個人向け・法人向けとクレジットカードにも線引きがされているのは、根本的に事業費など経費の支払いなどに扱えるかどうかという違いがあります。

もし、企業にクレジットカードがなければ、その都度の入出金、それらの領収書などを経理部門が集約・整理して伝票に落とし込むと言った気が遠くなるような作業が発生します。

当サイトが、法人カードへの入会・利用をオススメする一番の理由は、経費管理・経費精算などの会社経費の管理において、大幅な業務改善が見込まれるところにあります。

法人カード、法人向けクレジットカード・・・そんな堅苦しい呼び名は差し置いて、経営者にとって欠かせない事業パートナー的な存在と位置付けするほど、法人カードとは便利な存在なのです。

法人カードを持つ5つのメリット

クレジットカード1枚で一体何が変わるのかと思うかも知れませんが、導入による5つ大きなメリットをご紹介しておきます。

・経理業務の効率化/支払い一元化
・豊富な付帯サービス
・安心の出張保険
・信頼性の証
・キャッシュフロー

もちろん、他にもありますが、大きく効果が見込める5つをピックアップしました。

経理業務の効率化/支払い一元化

法人というカテゴリーでなく個人で利用していても感じることかも知れませんが、クレジットカードを持つ一番の大きなメリットが会計処理の簡素化ではないでしょうか。

近年ではネットショップでビジネス用の商品・備品購入も当たり前になってきており、支払いはカード決済にすることで代引き手数料などの節約にも繋がります。

また、個々の支払いによってバラバラに集まってくる領収書の処理で毎月頭を悩ませていた経理作業も、クレジットカード支払いによる口座引落あれば一元管理が可能となります。

代表者であれ社員であれ、使用者が変われど法人カードの利用額に関しては、登録してある法人名義の銀行口座から全て引き落としされるので、利用履歴の知りたい場合も利用明細書を確認すれば一目瞭然です。

何よりも法人・個人での棲み分けができるので、会社経営者や社員に関係なく支払いの立替をする必要がなくなります。

大規模企業に限らず、個人事業者や中小企業など日々を多忙にしている経理部門の業務効率化・処理時間の時短に繋がる法人カードの活用は大きなメリットと言えるでしょう。

豊富な付帯サービス

個人でクレジットカードを選ぶ際にはポイント還元率が気になるところですが、実は、個人向けだけでなく法人向けのクレジットカードでもポイント還元されるカードがあることをご存知でしょうか?

・JCBゴールド法人カード
・アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
・セゾンプラチナ・アメリカン・エキスプレス・カード

事務所で使う毎日のように使う備品や日用品、オフィス用品を法人カードで支払うことでポイントがドンドン貯まっていきます。

例えば、アメリカン・エキスプレス・ビジネスカードで月々10万円の経費をカード払いしたとすると、ポイント還元率1%なので年間でなんと12,000ポイントのキャッシュバックが受けられます。

貯めたポイントをマイルや商品などに交換することも可能なので、同じ買い物をするだけでも結果的には現金で支払うよりもクレジット払いの方がメリットは多くなります。

また、JCBゴールド法人カード(一般カード含む)では、提携してる「アスクル」や「タスカリマックス」など備品購入を特別優待価格で購入できる特典が設けられているなど経費削減にも大きく貢献できる点も見逃せません。

他にも企業向けのカードということで様々なビジネス向け優待サービスも用意されています。

接待などに使える会食用のレストラン探しや手配、ゴルフ場の予約など面倒な手間をカード会社が執事のようにサポートしてくれます。

安心の出張保険

事業内容によっては国内だけでなく、海外への出張が多いときの出張管理、また、福利厚生なども含めた旅行代金のような多額の支払いにも法人カードが活躍します。

利用金額が大きくなる出張費など航空券の支払いはもちろん、オンラインでの宿泊・ホテルの予約サービスといった付帯サービスも充実。

そして何よりも安心して出張に出られるのは国内・海外旅行保険が適用されることです。

殆どの法人カード(ゴールド会員など)に国内旅行傷害保険・海外旅行傷害保険が自動付帯されており、アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードであれば、海外出張時の傷害保険は最大1億円まで保証してもらえます。

傷害保険だけでなく国内外のショッピング保険もあり、商品不備やネットでのカード不正利用があった場合の購入金額の保証までカード会社がしてくれます。

クレジットカードで信頼性を得る

法人名義としてクレジットカードを持てるのは経営に対する一つのステータス証明にもなります。

特に海外においては日本での事業評価を判断する術はあまりありません。

しかし、例えば、セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス・カードなど、プラチナカードがあれば実績がある会社として、取引先からの信頼性を得られる可能性もありますよね。

ただのクレジットカードのように思えますが、まさに会社の価値を証明することができるビジネス向けのカードと言えます。

キャッシュフロー

支払いはその場で済ませるクレジットカードですが、実際に自社の口座から引き落としされるのは翌月や翌々月になります。

個人ではあまり気にならない支払いタイミングですが、法人にとっては重要で、支払いを先に延ばせる=キャッシュを手元に残せるという点は大きな魅力です。

支払いを無くせるという訳ではありませんが、支払いまで手元に残っている現金を他の予算に回したり、運転資金としてフル活用できます。

法人カードの選び方

法人カードを持つメリットは豊富ですが、どのカードを選ぶかは業種や主な利用目的によって決めることもできます。

コストを抑えたい方
法人カードであっても年会費が無料のものもありますが、スペックや法人としてのステータスも考慮するとあまりおすすめはしません。

当サイトでおすすめしている「JCB法人カード(一般)」では年会費1,250円(税別)で持つことができる法人カードです。

オフィス用の業務用品の購入先としてメジャーな「アスクル」や「タスカリマックス」での買い物も特別優待価格になるので事務所用品のためにカード作成しておくのもありです。

ステータス重視
クレジットカードの種類はビジネスを映し出すステータスにもなります。

海外ビジネスでの信頼性の向上だけでなく、空港でくつろげるラウンジの利用もできるようになります。

ただ、ゴールドカードやプラチナカードは年会費が一般カードよりも高くなる点には注意。

よく利用するサービスと年会費で比較してみましょう。

カード名 初年度年会費 翌年度年会費
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス 20,000円(税別) 20,000円(税別)
※年間200万円利用で半額
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード 26,000円(税別) 26,000円(税別)
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード 12,000円(税別) 12,000円(税別)
JCBゴールド法人カード 初年度無料 10,000円(税別)
JCB法人カード(一般) 初年度無料 1,250円(税別)

例えば、世界の空港ラウンジサービスが利用できる「プライオリティ・パス」が無料でついてくるセゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスは年会費20,000円(税別)です。

年会費だけを見れば高いと感じますが、年会費が399ドル(115円=1ドルで45,000円相当)のプライオリティ・パスを無料利用できることを考えると十分に元が取れます。

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス

何よりプラチナカードのステータスは海外でも効果的。

出張・接待シーンなど、日本語でのサポートサービスがあるので海外での仕事も安心です。

法人カードの審査で気をつけておくポイント

当然ですが、法人向けのクレジットカードの中には年会費無料のカードもありますが、だからと言って入会申込書を提出すればスグにカード発行という訳にはいきません。

申し込みがあった場合にはキチンと審査が行われることになります。

個人向けのカード審査よりも法人の方が審査難易度は難しいと言われており、3年程度の会社経営の実績(黒字決算)が必要と言われています。

もし、会社設立して間もない場合は、まずは、代表者の個人名義でカード発行するのが一般的となっており、個人と法人で利用するクレジットカードを分別することで経費の棲み分けができます。

審査を有利にする要素としては、黒字経営の年数が長いことが一番の要素かも知れませんが、企業直後には無理な話です。

クレジットカード発行はいわば、信用取引の許容なので企業や代表者の信用力がポイントとなります。

少しでも信用してもらえるように最低限として下記の2項目は対策しておきたいところです。

・会社に固定電話の回線を引く
・事業内容が分かる会社のコーポレートサイト作成

また、個人事業主であれば本人名義と口座名義が同じになるので問題ありませんが、法人格での法人カード申し込みの場合は注意点として、事前に法人名義の口座を作っておく必要があります。

比較的ゆうちょ銀行などが作りやすい銀行口座と言われています。

これはカード名義と口座名義の一致がカードの利用条件となることがあり、法人用の口座開設をしておくことで経費管理もやりやすくなります。

最初はビジネスゴールド会員などではなく、一般カード(JCB法人カードなど)から申し込むなどの対策で審査ハードルを下げてみるのはいかがでしょうか。

ゴールドカードやプラチナカードはスペック・サービス内容などが向上する分、審査基準が高くなってしまうことはどうしても否めません。

ビジネスに役立つおすすめ法人カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードは、ゴールドカードに相応しいワンランク上のサービスを展開。旅行損害保険も最大1億円と安心して海外出張に出られます。何より法人カードながらポイント還元率1%(100円=1ポイント)の高還元率は法人でなく個人の方でも持ちたくなるスペックです。
入会金 年会費 旅行損害保険 発行までの時間
無料 26,000円(税別) 最高1億円(自動付帯)
 ※傷害死亡・後遺障害保険金
 ※基本カード会員ご本人様が対象
-
JCBゴールド法人カード
JCBゴールド法人カードは日本での信頼性の高いJCBが発行する法人向けのゴールドカード。年会費が初年度無料で(次年度以降10,000円(税別))ながら500万円までのショッピング保険、海外旅行損害保険では最大1億円と充実。24時間対応のドクターコールで身近なことを気軽に相談して仕事に集中できる環境作りをサポートしてくれます。
入会金 年会費 旅行損害保険 発行までの時間
無料 初年度無料
翌年度以降10,000円(税別)
海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
-
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス
セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスは法人向けのプラチナカード。世界各国の空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」も登録しておけば無料で使えるようになり、国内外の出張をワンランク上のものにしてくれます。プラチナカードながら年会費20,000円(税抜)は、アメックスのビジネスゴールドカードよりも安いところも見逃せません。
入会金 年会費 旅行損害保険 発行までの時間
無料 20,000円(税抜)
年間200万円以上のショッピング利用で翌年度以降10,000円(税別)
海外:最高1億円
国内:最高5,000万円
-