金融機関からの借入は候補となる借入先の特徴を知る

法人経営者や個人事業主が、金融機関に融資のお願いをするなら、審査通過の確率を高めるためにも事前にシッカリと借入先の特徴を知っておくべきです。

 

金融機関のメジャーどころでは銀行がありますが、その他にも沢山の金融機関が存在しています。

 

・銀行
・信用金庫/信用組合
・日本政策金融公庫
・ろうきん
・消費者金融/信販会社

 

他にも金融機関はありますが、いずれにせよ安定して融資を受けるためにも金融機関とは上手く付き合っていく必要があります。

 

ここでは金融機関から借入する際のポイントと借入先の特徴について紹介していきます。

 

 

まずは金融機関の特徴を把握

企業規模に関係なく多くの企業にとって資金調達は経営上とても重要です。

 

もし運転資金が上手く回らなくなってしまったら融資を受けるなどの迅速な資金調達が必要です。

 

主な借入先としては銀行や信用金庫があると思いますが、各金融機関の特徴を紹介しておきます。

 

銀行(都市・地方)

都市銀行とは、みずほ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、りそな銀行を指す全国展開している銀行のことです。

 

これらの銀行では全国各地に支店などがあり、取引銀行などとして扱いやすい特徴があるので、同じように全国的に事業展開する企業などでは資金管理がやりやすいメリットがあります。

 

海外にも支店があることから海外取引のサポートも活用することができるのも嬉しいポイントです。

 

また、地方銀行の方は各都道府県単位に分かれており、同じように事業が各都道府県単位であるならばおすすめ。

 

決済用口座としても活用しやすく、地方銀行は信用保証協会とも同エリア同士で親密なので保証付きの「制度融資」に有利になることもあります。

 

信用金庫・信用組合

地域に密着した融資などのサービスを受けられます。

 

もともと営業エリアが狭いために広域な事業展開には向きませんが、地元の中小企業などには親身な対応をしてくれます。

 

もちろん、少しずつ信頼関係を築いておく必要はありますが、立ち上げたばかりの企業などは、まず地元の信用金庫から融資相談してみるのも良いかもしれません。

 

日本政策金融公庫

日本政策金融公庫は、政府が出資している公的金融機関であることから中小零細企業に向けた融資はもちろん、新しい事業・社会復帰をかねた融資制度なども設けられています。

 

政府が援助していることで高額融資、または低金利での借入が可能になりますが、融資実行まで時間がかかることになります。

 

ただし、一定の自己資金があることが条件であったり、急ぎの資金調達には不向きであることは否めませんので気をつけておきましょう。

 

ろうきん(労働金庫)

「ろうきん」も基本的に銀行と同じ預金事業やローン事業を行っている金融機関となります。

 

ただ、ろうきんが銀行と大きく違う点は、民間企業として利益・営利を追求していないことです。

 

労働組合や生活協同組合が資金を集めて作ったのが「ろうきん」です。

 

会員に対して生活サポートを行っており、営利ではないことから低金利で借入できる特徴があります。

 

消費者金融/信販会社

カードローンやクレジットカードでお馴染みの消費者金融や信販会社では、最短で即日融資も可能とするスピード対応に定評があります。

 

借入もコンビニATMなどを活用することで簡単に資金調達ができるようになります。

 

ただ、金利は高めの設定なので、長期間の資金調達には向いておらず、短期間での利用が前提となります。

 

また、借りたお金は事業資金として使えないケースもあるので、事業者向けのビジネスローンを選択する必要があります。

 

融資の必要時期と事業規模を含めて借入先を検討

各金融機関の特徴は、借入目的や使い道によってもメリット・デメリットが異なってくるので慎重に選ぶ必要があります。

 

事業規模・事業内容によっても選択基準は異なりますが、共通して考えられるのが希望融資額といつまでに融資が必要なのかが重要なポイントとなってきます。

 

急ぎであれば最短1日で借入できるビジネスローンを活用

 

個人的な出費であれば、少し我慢すれば対処できるかもしれませんが、事業資金となると取引先への支払いや従業員への給与支払いなどもあるため、遅れるわけにもいきません。

 

 

今だけという使い方であれば、初回利用で最大45日間は無利息で借りれるビジネスパートナーの活用を検討されてみてはいかがでしょうか?

 

もし、融資を急がず、手続き時間にも余裕があるのであれば、低金利の金融機関の活用が望ましいでしょう。

 

ただ、事業内容と銀行の特徴をすり合わせて借入先を検討することが大切になります。

 

例えば、地方で立ち上げた企業が、いきなり都市銀行での融資を受けるのには難しいものがあるでしょうし、逆に全国展開している企業が地域密着の信用金庫、信用組合では日頃のやり取りから難しいものがあります。

 

まずは信用金庫・信用組合から始まり、大きくなれば地方銀行、全国に展開するなら都市銀行とステップアップするのが望ましいでしょう。

 

金融機関からの借入方法は4パターン

金融機関から融資を受ける方法としては、大きく4パターンがあります。

 

・手形貸付・・・手形を金融機関に差し出して融資をしてもらう
・手形割引・・・支払い期日より前に手形を金融機関に買い取りしてもらう
・証書貸付・・・金融機関との貸借契約書を結んで融資を受ける
・当座貸越・・・定期預金残高に対して一定の金額を貸付してもらえる

 

金融機関、特に銀行融資を受ける際には、手数料・金利など様々な面から借入方法を判断する必要があります。

 

強気で融資交渉をして結果的に借りれなくなってしまっては本末転倒ですが、あくまで銀行も業績を高めるために貸付事業をしていることを頭の隅においておきましょう。

 

金融機関からの借入は信頼関係が重要

金融機関と事業主との信頼関係も大きな審査要素となります。

 

特に銀行融資の場合、利益追求もあるので、取引実績を含めた信頼関係が重要になってきます。

 

いきなり銀行から直接融資を受けるプロパー融資は困難であり、信用保証協会の保証付き融資からはじまるのが一般的です。

 

保証料が別途必要になりますが、まずは保証付き融資で返済実績を作ってから、銀行から直接借入できるようにしましょう。

 

また、そのためには日頃から銀行担当者と定期的に事業計画書と資金繰り表をもって状況共有をしておくことも融資審査を有利に進めるうえで重要になってきます。

 

銀行側の中間決算や年度末決算の時期を狙って銀行交渉するのも一つの方法であり、銀行員のノルマに貢献するという考え方もできるでしょうが、あくまで日頃からの付き合いがあってこそだと言えるでしょう。

 

自分が資金繰りに困った時だけ相談にいくでは、銀行評価は乏しく、なかなか金融機関としても融資に前向きにならなかったり、審査時間も長引く可能性もでてきます。

 

もし、急ぎで現金が必要で売掛債権があるのであれば、ファクタリングを活用するのも一つの方法です。

 

金融機関への融資依頼の前に確認

あくまで健全な経営がなされているかが審査ポイントとなるため、税金の未払いなどがあると融資を受けるのは困難だといえるでしょう。

 

事業所得を証明する目的もありますが、決算書や確定申告書だけでなく、納税証明書も提出できると審査担当者から良い印象を持ってもらえる可能性があります。

 

また融資で借りたお金を何に使うのかの資金使途を明確にしておくことは当然として、返済計画としてキチンと返済財源があることをアピールすることも忘れてはなりません。

 

返済原資の一つとして何かしらの担保を用意できるかどうかもポイントとなるでしょう。

 

原則、ビジネスローンでは無担保・無保証人で融資を受けることができますが、銀行融資では不動産や土地などの物的担保や連帯保証人を求められるケースもあります。

 

必要になるかどうかは別にして、融資を受ける以上は、相応の担保を設けておくことが望ましいでしょう。

 

もし、差し出す担保や保証人が見つからないケースでは、資金調達を諦めるのではなく、ビジネスローンの活用を検討してみてはいかがでしょうか?

 

まとめ

基本的には各金融機関との信頼関係が一番大事です。

 

金融機関の営業担当からの依頼に応えることもあるでしょうし、日頃からこちらの経営状況を提供しておくこと。

 

お互いの信頼貯金を増やしておけば、スムーズに融資の話もすすむでしょう。