法人融資の審査で気をつけるべき3つの基準

起業・開業を考えている事業主の方や、自己資本の少ない零細・中小企業など企業規模の小さい経営者であれば、金融機関から融資を受けて事業資金を資金調達します。

 

しかし、希望すればいつでも・どれだけでもスグに借りれる訳ではありません。

 

法人向けのローンとしてシッカリと審査が行われます。

 

では、法人が金融機関に融資をお願いする際、気をつけておかなければいけないポイントはどこなのか?

 

 

資金調達の際の確認ポイント

主に大きなポイントは下記の3つとなります。

 

1.資金使途
2.返済原資
3.担保

 

1.資金使途

資金使途とは、借入したお金を何に使うのかを確認するということです。

 

新しい商品開発費用なのか、設備投資なのか、費用の使い方は様々なパターンが考えられます。

 

この借入金の使い道によって後々の返済金にも大きく影響してきます。

 

なので、資金を投下する対象事業の成長性も大きなポイント。

 

貸倒れリスクを警戒する銀行としても、貸した資金の使用目的をシッカリと把握しておかなければなりません。

 

事業計画書を持って、社長個人が説明できるようにしておきましょう。

2.返済原資

融資審査において資金使途と並ぶ重要ポイントになるのが返済原資です。

 

要は、銀行から借入した資金を返済する資金源のことです。

 

資金使途を使うことにより、得られる売上げからなのか、別の資金源があるのか、資金を融資する金融機関はここを入念に審査します。

 

借入側としては、銀行側に説明できるようにシッカリとした返済プランなどの準備が必要です。

 

安定した収益性がある事業規模ということを金融業者に理解してもらうことが重要となります。

3.担保

これもよく聞くものです。借入した資金を返済できなくなってしまった場合、別の資源から返済することになります。

 

いわば返済における補助・保険のような位置づけになります。

 

資金使途や返済原資と比べると重要度は下がりますので、資金使途と返済原資をキッチリ説明できる方が重要です。

 

 

 

もちろん、金融機関も返済原資となる返金分の利息から収益を生み出しています。

 

より確実に返済される企業に対して融資したいのは当然と言えるでしょう。

 

補足としては金融機関にも色々なサービスがあります。

 

売上金の入金やクレジットカードなどの推進に伴い、現場に対してのノルマなどもあります。

 

普段から金融機関の営業担当からの相談にも協力し、逆に融資審査の際には有利に進めてもらえる関係性を築いておきたいところです。

法人融資の借入先

法人融資として、まず最初に思いつくのが銀行のプロパー融資という方は多いと思いますが、審査基準が高く設定されています。

 

プロパー融資とは、信用保証協会などの保証を受けずに銀行が単独で貸付を行う融資なので、貸付先の会社が倒産したりすると回収ができません。

信用保証協会の信用保証

 

なので、会社運営の実績が少ない、開業したばかりの会社などではプロパー融資は難しいのが現状です。

 

開業資金などの利用であれば、長期間・低金利で借りれる日本政策金融公庫の利用がいいでしょう。

 

しかし、融資までの時間や必要書類が多いのが、銀行や公的金融機関のデメリットでもあります。

 

そこで、おすすめするのが法人向けのビジネスローンの活用です。

 

個人事業主は別ですが、消費者金融など基本的に個人向けカードローンでは、事業性資金として利用することができません

 

法人として事業費や設備投資として活用する場合は、事業性としても使える事業者向けローンを利用が必要です。

 

法人向けカードローンの金利は、銀行と比較すると高めの設定になります。

 

しかし、担保・保証人なく(法人の場合は代表者が連帯保証人)利用することができ、契約手続きも即日から数日で融資まで行えます。

 

経営者・個人事業主専用カードローン「ビジネクスト」

入会費と年会費が無料の法人経営者・個人事業主向けカードローンになるので、資金繰りの備えとしても便利に使うことができるおすすめのカードローンです。

 

審査が済めば最短翌日には融資を受けることができる可能性もあります。

 

コンビニなどの提携ATMからの借入ができるので、全国各地から自己資金の不足にもスマートに対策できるので、ビジネスチャンスを逃さないための1枚に役立てます。