資金繰りの改善で気をつけるべき収入面での対策とは

資金繰りの改善として、まず資金繰りを悪化させている要因を把握しなければなりません。

 

資金繰りの悪化の主な原因としては下記の収入面での要因が上げられます。

 

 

売上げの減少

基本的な資金繰りの改善方法として売上げの増加があります。

 

会計上の利益と資金の増加が直結しているとは言えませんが、資金の増加には利益を増やすことを考えなければなりません。

 

利益を増やすために売上げを増やす必要がありますが、販売価格の値下げや販売数の増加などの経営方針が問われます。

 

ただし、資金繰りの改善のために重要なのは資金的な裏付けある売上げ計上が必要ということで、売掛金の回収条件どおりに確実に入金されなければなりません。

 

ここで売上げが増加すると、売掛金の増加と同時にたな卸し資産も増加するなどの一時的な資金不足が生じるのは仕方ありません。

 

資金繰り予定表の作成において、売上げ予測をできるだけ正確にし、資金不足に対しては金融機関からの資金調達を考慮することになります。

 

確実な売掛金の回収対策には、営業部門の協力や意識を高められるようにしなければなりません。

 

会計上の利益と資金残高は異なる

 

売掛金の増加

売掛金の増加は資金繰りを圧迫させるため、会社の資金繰りを楽にするには売掛金の圧縮する努力が必要です。

 

資金繰りの悪化に繋がる原因としては、売上げ増加割合以上に売掛金の増加割合が高い場合です。

 

営業部門での無理な押し込み販売が考えられ、売上げを上げるために支払期限の延長などをすることで売掛金が増加します。

 

売上げに対する請求漏れ、代金回収漏れなども売掛金の増加に繋がるので、営業部門だけに限らず売上拡大だけを意識するのではなく、売掛金の回収までを強く意識しておかなければなりません。

 

たな卸し資産の増加

たな卸し資産は増加しても会計上の利益には影響しないので、営業の都合で多くのたな卸し資産を所有している場合があります。

 

しかし、度を超えるたな卸し資産は会社として資金を投与しても眠っているだけなので、会社経営にとっては無駄です。

 

また、借入で資産購入などを行っていると金利負担も生じる上、たな卸し資産の保管するためにかかる経費も余計に負担しなければなりません。

 

さらに、季節性の資産であれば販売価値が下がることなども考慮しておく必要があります。

 

なので、たな卸し資産も一定水準で維持しておくことが重要です。

 

得意先の経営破綻(貸倒れ)

売上げが増加して売掛金を計上した得意先が経営破綻した場合、売掛金の回収ができるかが大きなポイントです。

 

売掛金の回収ができなければ、会社の資金繰りが苦しくなります。

 

貸倒れをなくすためには、得意先の信用調査を行うなど、事前に情報収集しておく必要があります。

 

各与信枠を設定してその範囲内で営業をしなければなりません。

 

企業信用調査会社の報告書や、金融機関との取引先からなど、情報収集を行います。

 

信用リスクがある場合には、与信枠を下げたり、一部を現金取引をするなどの対策が必要です。

 

資金繰りの改善の主な注意点として上記の4点には気をつけなければなりません。

 

売掛金は早々に回収し、たな卸し資産などを溜め込まないルール等を会社で作り、全社的に資金繰り改善に取り組む必要があります。