ビジネスローンと銀行融資の違い

法人経営者や自営業者にとって資金調達を怠ることはできません。

 

事業拡大や資金繰りなど、いわゆる運転資金やつなぎ資金が回らなくなってしまうと経営や事業の維持に支障をきたすことになるからです。

 

十分な自己資金を蓄えてまかなうことが出来ていれば問題ありませんが、資産が少ない個人事業主や中小企業や零細企業にとって資金繰りは簡単なものではありません。

 

その場合は外部の金融機関などから融資を受けることになるのですが、主な借入先としては真っ先に銀行をイメージされる方も多いでしょう。

 

また、資金調達においてはビジネスローンという言葉も聞いたことがあるかも知れません。

 

ここでは銀行融資とビジネスローンの違いについて紹介していきます。

 

 

銀行融資とビジネスローンの違い

銀行融資でもビジネスローンでも会社や事業を安定するためにお金を借入する、という点で大きな違いはありません。

 

しかし、事業性資金を借入するにあたって大きなポイントとなるのが審査や金利ですが、銀行と各ローン会社によって審査基準や金利設定が大きく異なってくるのです。

 

個人向けのローンより事業融資は希望する融資額も高くなることもあり、借入する側としても少しでも低金利で借りたいところ。

 

しかし、金利が低いという事はそれだけ貸付側も貸倒リスクを考慮しなければならず、自然と審査基準も厳しくなっているのです。

 

事業融資の審査としては今後の収益が見込めるかどうかが重要なポイントであり、黒字であるか、事業規模は大きいか、将来性があるのかなど経営状況をシッカリと調べられることになります。

 

特に銀行からの融資は、ビジネスローンに比べて低金利のため審査ハードルは高くなっており、提出する必要書類も財務諸表や事業計画書、決算書類など複数必要になることがほとんどです。

 

また、銀行の審査担当者が稟議書の作成をもって、支店の上長に確認するなど審査期間が長期間にわたり、融資まで一ヶ月以上かかることも全然ありえるのです。

 

その点、ビジネスローンの金利設定は高めな分、申込から融資まで最短即日から数日で融資してもらえるところが多くあります。

 

審査時間が短いだけに貸倒リスクを背負っているので金利が高くなるのは仕方のないことと考えれば、スピーディな融資が必要な時などに便利に活用できます。

 

銀行融資の審査ハードルは高い

借入先の候補として一番に考えているのが銀行からの融資だという方も多いのではないでしょうか。

 

日頃から利用することも多い身近な金融機関として安心感に加え、低金利で融資をしてもらえるメリットがあります。

 

しかし、前述しているように低金利な反面、審査基準は高く、融資までにも時間がかかる点はデメリットであり、さらに銀行融資は「プロパー融資」「保証付き融資」の2種類に分けることができます。

 

このプロパー融資は銀行が100%のリスクを負って融資するサービスということもあり、審査基準はさらに高くなり、まず開業資金や事業実績がない浅い事業歴では審査通過できないと考えておく必要があります。

 

業歴としても2期以上は黒字経営を続けて、企業や事業に対する信頼性を銀行に理解してもらわなければ使えない融資と考えられます。

 

一方の保証付き融資というのは、債権者の代わりに最悪の場合、信用保証協会が保証人として代位弁済してくれるシステムです。

 

銀行としては債務回収不能になっても保証協会から返済してもらえるので、貸付リスクを大きく軽減することができるので、最初は信用保証協会の保証付きでなければ融資してもらえないと考えておいた方が良いでしょう。

 

ビジネスローンなら保証人不要

金利が高くても融資スピードが早いのがビジネスローンであり、担保や第三者保証人も原則不要で融資を受けられる手軽さが人気です。

 

経営者向け・個人事業者向けの事業融資の商品としては最も早く借入できるのがビジネスローンと言えるかも知れません。

 

しかし、銀行融資と同じくビジネスローンも開業資金での利用は難しく、事業実績を求められることが前提にあります。

 

ただ、最短1期の実績があれば申込できるビジネスローンもあることから銀行融資と比べると利用ハードルは全然低いことには変わりありません。

 

契約者となる代表者が連帯保証人になるだけで利用できる点も魅力です。

 

ただ返済期間には注意が必要で、借入期間が長引けば長引くほど金利負担は大きく膨らむことになります。

 

かえって経営状態を悪化させることになってしまっては意味がありません。

 

例えば、ビジネクストでは年率8.0%〜18.0%の金利幅を設けており、上限金利では消費者金融並みの金利の高さと言えますが、逆に言えば年率8.0%で借りることもできると考えられます。

 

利用限度額が高くなれば金利の引き下げも行われるため、利用実績を積み上げれば銀行融資までにとは行かずとも、低金利で融資を受けられる可能性もビジネスローンにはあるのです。

 

最大1,000万円の融資対応のビジネクストの詳細

消費者金融や銀行カードローンは事業用途不可

お金を借りる金融商品としては消費者金融や銀行カードローンでは借りたお金は事業資金として使うことができないため、あくまで生活資金となります。

 

総量規制対象外の銀行カードローンは年収1/3以上の借入も可能で、限度額も高く、低金利で借りることができるスペックの高さから人気です。

 

銀行融資を受けられるのであればいいですが、審査が長いため、融資実行までのつなぎ資金をビジネスローンやカードローンでカバーするなどの両輪で使い分けすることが望ましいでしょう。