早く借りれる法人カードローン

テレビや看板、チラシと様々な場面で目にするようになった金融広告。

 

企業などの法人の経営者や個人事業主にとって、日々の運転資金を確保するための資金調達は欠かせないものとなっています。

 

主な借入先は大きく分けると下記の2つに分かれます。

 

政府系金融機関(日本政策金融公庫、商工組合中央金庫)
民間の金融機関(銀行・信用金庫、ノンバンク)

 

政府系なら低金利で借入することができますが、手続きなど融資までに時間がかかる特徴があります。

 

また、民間の金融機関も、中小企業にとって地方銀行など付き合いの深い業者がおすすめですが、手続きに時間がかかってしまいます。

 

経営者や事業主にとっては、資金確保は重要。

 

早く借入したいのであれば、法人向け・事業者向けのビジネスローンや消費者金融の利用がおすすめです。

 

通常の消費者金融でのカードローンでは、総量規制の対象となってしまうので年収の1/3以上の借入ができなかったり、資金使途として事業性では使えない業者もあります。

 

しかし、法人向けの事業者ローンであれば事業資金として使うことはもちろん、個人事業主であれば総量規制の対象外となるといったメリットがあります。

 

 

最短即日で審査回答がもらえるローン

ビジネクスト

事業資金である以上、審査や手続きに時間がかかってしまいます。

 

しかし、経営者・個人事業主専用カードローンのビジネクストなら申し込みから数日で融資を受けることができます。

 

担保や保証人も不要なので手続きもスムーズに進めることができます。

 

セブン銀行ATMと提携していることから全国各地のコンビニでの利用もできます。

 

専業系カードローンも即日対応

三井住友銀行グループでもあるSMBCモビットは大手消費者金融。

 

借入したお金の資金使途に縛りがなく、安定した収入があれば自営業者の方でも利用することができます。

 

最短30分審査※と即日融資も可能とするスピード対応で事業をサポート。
※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

ただし、あくまでも個人での借入になので総量規制の対象となり、自分に収入があることが条件で年収額に応じた借入幅となります。

 

しかし、即日審査にとどまらず、即日融資まで実現できるのは大きなメリット。

 

全国に設置されている約350台のローン申込機を活用すれば土日、祝日も手続き可能です。

 

事業性でないなら銀行カードローン

事業者ご本人として、事業費ではなく生活費ということであれば、数ある金融業者の中でも銀行カードローンの利用がおすすめです。

 

楽天銀行スーパーローンなら最大金利でも年率14.5%と低く目の設定であり、限度額も800万円まで対応してもらうことができます。

 

ネットバンクとして店舗を持たない楽天銀行ですが、スマートフォン上で振込や融資依頼を全て完了させることができるので高い利便性が特徴としてあります。