個人事業主におすすめのクレジットカード

個人事業主にとってもクレジットカードは便利に使えるツールとなります。個人消費での利用はもちろんですが、事業用として使えるクレジットカードも発行されています。

 

もちろん法人格を持たない個人企業の経営者にも法人カードは発行されます。個人事業の場合、税務署に申告するときに個人消費と経費を明確に区別する必要があります。
単なる個人消費を経費として申告してしまうと税務署からペナルティを受けることにもなりかねません。

 

クレジットカードを個人消費用カードとビジネス用カードに分けて、引き落とし口座も法人口座と個人口座に分けておきます。
そうすれば確定申告時期になって慌てることはなくなります。クレジットカードはこうした便利な使い方もできる上に各種付帯サービスによってお得に使うこともできます。
今回は個人事業主がクレジットカードを作るときの注意点やおすすめのクレジットカードをご紹介します。

 

 

個人事業主に対するクレジットカード審査

個人消費用の一般的なクレジットカードに関しては給与所得者でも個人事業主でも違いはありません。
安定した収入があるかどうか、過去にクレジットや融資の利用で支払い遅延がないかどうかといった点が重要となります。
しかし、法人や個人事業主向けのクレジットカード(法人カード)の場合は、収入の源となる事業に関しても調査が行われます。

 

個人カードとは違う法人カードの所得判断

個人事業主が法人カードに申し込みする場合、税務署に提出した直近2期分の申告書の写しの提出を求められることがあります。
最近ではクレジットカード会社も法人カードの会員獲得に力を入れているので、書類提出を求める法人カードは少なくなりました。
それでも申込書には申告内容を記載する欄もあるので、正確に記載する必要があります。

 

申告書の写しは個人に例えると所得証明書に該当します。しかし、申告書で赤字となっていても必ずしもクレジットカード審査で却下されるとは限りません。
申告上は実際にはその年度で支払いが発生していない経費も計上されているからです。
そのため経費金額が大きくて赤字となっている場合は、実質的な所得が考慮されて審査の判断材料となります。

 

事業における過去の事故調査

個人カードでは個人信用情報機関のデータを参照して過去や現在の未払いをチェックします。個人事業主もこのチェックをされますが、さらに事業においての事故調査も行われます。
つまり手形不渡りや倒産歴などの調査が行われているのです。これらの事故情報は民間の調査機関(東京商工リサーチ・帝国データバンク)が提供するデータによって調査されます。

 

民間の調査機関は企業が新規取引を行う場合や、銀行が新規融資をする場合に、取引先を調査するという事業を行っています。
調査した内容はデータとして保存していて、クレジットカード会社などにオンラインで提供しています。その情報を法人カードの審査で利用しているのです。

 

法人カードの種類と選び方

法人向けカードはビジネスカードやコーポレートカードといった名称で発行されていますが、法人カードによって申し込みの対象が違っています。

 

一般的には法人代表者と個人事業主を対象としたクレジットカードが多いようです。クレジットカード会社によっては大企業向けと中小企業・個人企業向けという分け方をしている場合もあります。
また個人カードと同じように、一般カード以外にも、ゴールドカード、プラチナカードといったグレードもあります。

 

個人事業主向け法人カードの選び方

基本的に法人カード場合は申込対象者が決められているので、個人事業主(個人経営者、自営業者)を対象とした法人カードを選ぶことになります。
しかし同じ個人事業主向け法人カードでも、サービス内容は様々です。サービスの質を判断するには年会費をチェックしてみましょう。
ステータスが高くサービスの質も高い法人カードは年会費もそれなりに高くなります。

 

法人カードのメリットは経費をクレジットカード決済でまとめることで会計処理を簡便にすることです。このメリットだけを求めるのであれば、それほど年会費が高くない法人カードを選ぶのも一つの方法です。
法人カードの年会費も経費として計上できますが、個人事業の場合は余計な経費を抑えることも重要です。

 

年会費も高くサービスの質も高い法人カードは、単に経費管理の簡便化だけではなく、ポイントサービスによる経費節減や優待サービスによる社員への福利厚生などのメリットもあります。
どの法人カードを選ぶかは事業の規模などに合わせて選択しましょう。

 

おすすめの個人事業主向けクレジットカード

おすすめの個人事業主向けの法人カードとして、ステータスの高いサービスが充実しているカードとスタンダードなカードを一枚ずつ紹介しましょう。

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード

年会費税別26,000円(追加カード1枚税別12,000円)。入会資格は25歳以上の法人代表者または個人事業主。
アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードでは質の高いビジネス向けのサービスが提供されています。

 

四半期管理レポート 年に4回利用明細と利用集計のレポートがあり、経費管理、経営上・税務処理上の分析資料として活用できます。
ビジネス・セービング 幅広い業種の提携企業による優待サービスを受けられます。
ビジネス・コンサルティング・サービス 電話でできる簡単な経営相談サービス
ライフサポート「クラブオフ」 75,000以上の契約施設を特別料金でご利用いただける福利厚生プログラム。追加カードを持つ社員も対象。
ジー・サーチ 入札・落札公告情報、企業情報、新聞・雑誌記事、人物情報を得られるデータベース利用が年会費無料。
ビジネス情報調査代行サービス 国内外の企業の与信情報調査の年間登録費用が無料。

 

上記のビジネス向けサービス以外にもアメリカン・エキスプレスのゴールドカードとしてのサービスも提供されています。

 

すべて紹介できないほど豊富なサービスがありますが、最高1億円補償の海外旅行保険、最高5,000万円補償の国内旅行保険、空港ラウンジサービス、手荷物無料宅配サービス、エアポート送迎サービスといった海外旅行向けのサービスに特長があります。
海外旅行や、海外出張などに便利な法人カードです。

 

JCB法人カード(一般)

年会費は税別1,250円で追加カードも同じとなっています(キャンペーン期間中は初年度無料)。申込対象は個人事業主および法人代表者。
WEB明細の「MyJチェック」に登録することでJCB一般カードと同じようにOriginal Series(オリジナルシリーズ)のサービスを受けることができます。

 

オリジナルシリーズにするとポイントが2倍となるので経費節減にも役立ちます。付帯保険として最高3000万円の補償の海外旅行傷害保険と国内旅行傷害保険が付きます。
ただし利用付帯なので旅行費用などのカード決済が条件となります。

 

JCB一般法人カードは個人カードとほぼ同じサービスの提供となるので、シンプルに経費をクレジットカード決済で一本化するという目的のみの法人カードです。
小規模の個人事業で経費処理を楽にしたいという個人事業主向けとしておすすめします。

 

まとめ

個人事業主向けの法人カードは数多く発行されています。むしろ個人事業主ほどクレジットカードを活用して、経理処理の単純化や経費節減をするメリットが大きいと言えます。
大企業はある程度お金をかけて事務処理を行うことができますが、小規模企業ではそれほど人件費をかけられません。そのため経理処理を軽減できるクレジットカードは個人事業主向けと言えます。

 

法人カードでは従業員向けにカードを追加することができます。特にETC利用する機会が多い場合、法人ETCカードを従業員カードとして追加発行すれば、個別に管理することが簡単にできます。所要者の管理に悩んでいる個人事業主におすすめの使い方です。

 

まだ、法人カードを活用していない個人事業主の方は、この機会に事業規模に合った法人カード導入を利用することをおすすめします。法人カードの年会費も経費として処理できるので、大きな負担なく簡単に経理処理を軽減できます。

個人事業主におすすめの法人カード

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード【今すぐ申し込む】

 

ステータスの高いアメリカン・エキスプレスのブランドはカード会員や法人のステータスも高めてくれます。年会費は高いですがそれに見合うサービスが提供されています。法人向けサービスとしては「ジー・サーチ」がおすすめです。

 

審査の解説で紹介した東京商工リサーチなどの企業情報をオンラインで取得できます。また、福利厚生サービスとして「クラブオフ」も魅力あるサービスです。

 

アメックスが提供する付帯サービスは特に海外旅行向けサービスが充実しているので、特に海外出張の多い大企業代表者におすすめの法人カードです。

 

入会金 年会費 旅行損害保険 発行までの時間
無料 26,000円(税別) 最高1億円

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カードの詳細
公式サイト

 

JCB法人カード(一般)【今すぐ申し込む】

 

JCB法人カードは信頼性の高いJCBブランドの法人向けカード。年会費が初年度無料で(次年度以降1,250円(税別))のリーズナブルな年会費で個人事業主の方も安心して持つことができます。プライベート・事業の支払いを分別する最初のカードにぴったりです。

入会金 年会費 旅行損害保険 発行までの時間
無料

初年度無料

翌年度以降

1,250円(税別)

 

JCBゴールド法人カードの詳細
公式サイト