信用金庫で事業資金を借りる手順と注意点

金融機関からの融資で資金を調達するときは、なるべく低金利の融資を利用するのが常識です。

 

銀行の場合は規模が大きい都市銀行が最も低金利の融資を提供しています。

 

しかし、小規模な中小企業や個人事業主、特に初めて事業融資を申し込む場合は、都市銀行への申込は敷居が高く、実際に取引歴がなければ融資は難しいのが現状です。

 

そんな場合は地元の信用金庫で事業資金を調達という方法がおすすめです。

 

今回は信用金庫からどのような手順で事業資金を借入するのか、メリットやデメリットも含めて解説しましょう。

 

 

 

信用金庫と大手銀行の違い

大手銀行も信用金庫も業務内容が同じ金融機関ですが、具体的にどのような違いがあるでしょうか?
まずは大手銀行と信用金庫の違いから解説しましょう。

 

経営理念の違い

銀行は株式会社なので、基本的に株主の利益が優先されます。

 

これに対して信用金庫は、地域住民の相互扶助を目的とした共同組織という形態となっています。

 

そのため銀行の取引先は大企業が中心となり、信用金庫は個人事業主や中小企業向けとなります。

 

同様の組織に信用組合がありますが、信用組合はより限定された組織なので、組合員以外は預金ができないといった制約があります。

 

信用組合の場合はだれでも預金ができるので、信用組合ほどの制約はありません。

 

しかし、銀行では取引先はまったく限定されず、メガバンクは全国を対象とした取引が可能ですが、信用金庫は一定の地域内で営業活動する限定的な金融機関であるという違いがあります。

 

また、銀行は銀行法、信用金庫は信用金庫法で規制されているという法律的な違いもあります。

 

なお、信用金庫のまとめ役として信金中央金庫という存在もあります。

 

組織の違い

信用金庫は「会員の出資による協同組織の非営利法人」となっているため、株式会社組織の営利法人である銀行とは決定的な違いがあります。

 

銀行を利用するのは誰でも可能ですが、信用金庫では次のような条件が必要です。

 

・信用金庫の会員資格
・地域内に住所・居住を有する
・事業所を有する者
・勤労に従事する者
・事業所を有する者の役員
・従業員300人以下または資本金9億円以下の事業者

 

上記の条件から信用金庫は特定の地域内で、地域住民の利益を優先した活動をしていることがわかります。

 

規模の違い

地域が限定されている信用金庫と全国を対象とする都市銀行では、規模の面でも大きく違うことがわかるでしょう。

 

この規模の違いは預金量の違いにもあらわれています。

 

金融機関は資金調達を預金でまかなっているため、預金量が少ない信用金庫では融資限度額も銀行に比べると少なくなります。

 

大規模な銀行と比べると金利面でも融資利率は高くなるデメリットもあります。

 

しかし反対に規模が小さいことで、地域の中小企業や自営業者の実情がよくわかり、きめ細かい融資審査をすることができるメリットもあります。

 

信用金庫と銀行の融資商品の違い

銀行と信用金庫でも規模は違いますが、取り扱う融資商品や融資制度に大きな差はありません。

 

個人向け融資も法人向け融資も取り扱っています。

 

しかし、信用金庫の融資商品は地域性に合わせて、より細かいニーズに対応しています。

 

ちなみに、ある信用金庫が取り扱っている事業者向けローン商品は以下のとおりです。

 

・創業サポートローン(創業者限定の創業支援ローン)
・ビジネスサポートローン
・事業性評価高度化資金
・農業従事者向けローン
・一般事業資金(手形貸付、証書貸付、当座貸越、手形割引)
・事業者カードローン
・信用保証協会付融資
・ISO認証取得支援ローン
・税理士紹介ローン
・商工会議所メンバーズローン
・自治体制度融資
・代理貸付(日本政策金融公庫)

 

銀行と比較すると同じ事業者ローンでも、より細かいニーズに対応した融資商品があることがわかります。

 

また、銀行では取引歴を重要視するので、創業したての法人に対する融資は難しくなります。

 

その点、信用金庫では商品名は信用金庫によって違いますが、開業支援ローンや起業者向けローンなど創業者でも利用できる融資商品があります。

 

創業予定者は信用組合も創業支援融資先として検討しましょう。

 

信用金庫で融資取引する手順

銀行であれば本人確認さえできれば、融資を申し込む資格というのは特に必要ありません。

 

しかし、信用金庫で融資を申し込むためには、まず会員資格が必要となります。

 

信用金庫の会員

信用金庫の会員になるには資格が必要ですが、それほど難しいものではありません。

 

基本的には信用金庫の営業地域に居住・勤務しているか、事業所を持っていれば資格があります。

 

個人事業主や中小企業の規模には一定の規制があります。

 

・従業員数が300名以下の個人事業主
・資本金9億円以下で常時勤務する従業員300名以下の中小企業

 

上記の条件はメガバンクであれば、むしろ融資を受けられない対象となる可能性が高いものです。

 

つまり信用金庫は融資を受けづらい地元の中小企業者向けに、融資を実行する金融機関といえます。

 

また、地域内に信用金庫がないという場合でも、それほど高額でなければ地域外でも融資が可能なので、最も近い信用金庫に相談してみましょう。

 

信用金庫の融資審査

銀行と比較すると審査は通りやすいとはいえ、無理な融資をして破綻するわけにはいかないので、信用金庫の融資審査も一定以上の厳しさはあります。

 

基本的に銀行も信用金庫も審査の基準となる点は同じと考えましょう。

 

大きな審査ポイントは次の3つです。

 

資金使途

運転資金であれば適切な金額か、設備資金であれば設備投資により収益がどれだけ向上するのかがポイント

 

返済能力

3期分の決算内容やキャッシュフロー計算書で返済能力を判断する

 

保全

返済能力が充分であれば保全は不要だが、返済能力に不安があっても、信用保証協会付き融資や不動産担保の提供により融資を可能にできる

 

いずれも銀行と同じ審査ポイントですが、信用金庫では地元の企業や自営業者が対象なので、取引先からの聴取などきめ細かい調査ができるのが特徴です。

 

信用金庫の融資をスムーズにする方法

銀行でも同じですが、やはり取引が長いほど融資の審査はスムーズになります。

 

そのため信用金庫から借入する前には、個人事業主でもビジネス口座を開設して、ふだんから売上金はすべてその口座を経由するということを継続しましょう。

 

これによってどんな取引先があるのか、どの程度の売上があるのかが信用金庫にも伝わります。

 

また法人の場合、経営者個人の取引や従業員全体で職域として取引するのも効果的です。

 

その上で融資を申し込みすることで審査をスムーズに進めることができます。

 

ビジネスローンと信用金庫の比較

ノンバンクのビジネスローンも銀行に比べて審査を通過しやすいので、中小企業や個人事業主にとっては利用しやすい資金調達方法です。

 

ビジネスローンと信用金庫の融資ではどんな違いがあるのかを比較してみましょう。

 

金利の比較

ノンバンクビジネスローンの融資限度額は300万円〜500万円が一般的です。

 

同じ融資限度額で無担保・保証人なしの信用金庫ローン商品と金利面で比較してみましょう。

 

ビジネスローンの金利は一般的に年6.0%〜18.0%が標準となりますが、信用金庫では保証料込みで年5.5%のローンを取り扱っています。

 

ただし、保証会社の審査を通過しない場合は、年9.5%や年14.5%のローンになることもあります。

 

金利面では信用金庫のほうが最大の金利でも低いことがわかります。

 

審査ハードルにも反映されることを考えると、同じように保証人不要のビジネスローンも検討の余地はあります。

 

審査の違い

信用金庫でもノンバンクのビジネスローンと同じ融資金額となるローンではノンバンクの保証会社付きとなります。

 

この場合はノンバンクが審査をするので審査基準の違いはないことになります。

 

しかし、より高額な融資商品の場合は、プロパー融資となるので、審査としてはノンバンクよりも厳しい基準となります。

 

少額の融資申込であれば審査基準が低いビジネスローンを利用するのも一つの方法です。

 

しかし、金利面を考えると、まずは信用金庫に申し込むことをおすすめします。

 

その上で、ノンバンクのビジネスカードローンを1枚作っておけば、緊急な場合にすぐに利用できるので、持っておくだけで安心できます。

 

信用金庫は長期融資で利用し、ビジネスローンを利用する場合は高金利であることを考えて、返済期間は短期で利用することを徹底しましょう。

 

まとめ

信用金庫は大手銀行に比べて小規模となりますが、地元に密着した中小企業にとっては頼れる存在です。

 

初めて融資による資金調達をするのであれば、まずは信用金庫から始めてみましょう。

 

事業が拡大して資金不足となるようであれば、その時点でより高額な融資を利用できるメガバンクを検討しても遅くはありません。