事業用資金の借入れ

主人が自営業をしています。
工事関係の仕事をしているので、そのための設備機器などを購入するために、購入できるだけの貯蓄もないし、銀行で資金融資を受けることのしました。
銀行の融資は、準備をするのに時間はかかりますが、その準備は自分のしてきた仕事の証拠を表すためのもので、必要不可欠なものだと思います。
おかげで大きな金額を、低金利で融資していただけます。

 

借り入れをすると決まったら、まずは銀行に相談に行きました。
銀行に行ったら、融資担当の方が親切に説明をしてくださいます。
準備するものと言ったら、住民票とか禁治産者でないことを称する印であるとか、住んでいる場所に対する証明になるものがまず最初です。
そして、自営業なんで、確定申告をした3期分のコピーだとか、青色申告をしているので、その決算書、それを導き出す帳簿、工事履歴、取引先など。
いま自分が持っている貯蓄・通帳のコピー、生命保険のコピーなど。とてもたくさんの書類を準備しました。
担当してくださる方がわかりやすいようにと、エクセルで各項目に関するまとめを一覧にしてパソコンも持って行きました。
「個人事業で、ここまで貸借をきちんと組んでらっしゃるのはすごいです!!」と言っていただき、問題なくお願いした金額を融資していただくことができました。