三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)

 

日本大手のメガバンク「三菱東京UFJ銀行」が発行するカードローン、その名も「三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)」。

 

バンクイックの融資額は最高500万円となるので、まとまった資金が必要なときにも対応可能です。

 

金利においても銀行カードローンの特徴でもある低金利。

 

ビジネスローン「ビジネクスト」の年率8.0%〜15.0%(利用限度額100万円以上)と比べると、バンクイックの年率は1.8%〜14.6%と低金利なので安心して利用できます。

 

申し込みが、土・日・祝日でも対応してもらえるので、ちょっとした物入りの時や一時的な資金が必要なときに持っておくと便利です。

 

 

銀行カードローンでも土日契約が可能

少しでも早く融資を受けたい!カードローンを選ぶ際に重要視する条件は融資までにかかる時間ではないでしょうか?

 

また、関連して申込の受付時間も気になるところです。平日や週末など急に資金調達が必要になった場合でも安心して利用できるのが、三菱東京UFJ銀行カードローンのバンクイックです。

 

手続きに時間がかかるイメージのある銀行ですが、バンクイックの審査なら担保・保証人は不要です。

 

さらに、三菱東京UFJ銀行ATMコーナーなどに設置されているテレビ窓口を利用すれば、銀行カードローンながら平日15時以降・土日祝でも申込みすることができます。

 

土日祝も契約可能な三菱東京UFJ銀行カードローン

 

低金利で安心のメガバンク銀行カードローン

ローンを組む前に確認すべきスペックとして外せないのが金利です。

 

バンクイックの利用限度額は最高500万円と低めの設定となっていますが、法人ローンの年率と比べると金利も低く、年率1.8%〜14.6%の低金利で借入できるので安心です。

 

しかし、同じ銀行カードローンでもある「みずほ銀行カードローン」と比較すると、利用限度額ではバンクイックの2倍となる最高1,000万円とバンクイックの方が劣っているようにも感じます。

 

ここで注目するのは金利には幅があるという点です。

 

みずほ銀行カードローン(エグゼクティブプラン)で限度額400万円以上〜500万円未満の利用では年率5.5%の金利。

 

そして、バンクイックでは限度額500万円の利用で年率1.8%〜6.1%と、500万円の借り入れであれば、みずほ銀行カードローンよりも低金利で借入することができます。

 

予想される利用限度額での適応金利に着目することで、低金利で借入できるカードローンを選ばれるとよいでしょう。

 

もし、利用上限額が500万円以下であれば、バンクイックの低金利を有効的に活用することができます。

 

低金利の三菱東京UFJ銀行カードローン

 

テレビ窓口で申込めばその場でカード発行

急な資金が必要に・・・申込みからカード発行まで時間との勝負でもあります。

 

三菱東京UFJ銀行のATMコーナーなどに設置されているテレビ窓口を使えば審査完了後はその場でカード発行してもらえます。

 

テレビ窓口は全国各地に627箇所※に設置されており、土日祝も利用できるので、営業時間は曜日によって異なる点に気をつけて利用されてみてはいかがでしょうか。

 

バンクイックでの借入資金は事業性としての活用はできませんが、法人の方でも急な案件で融資が必要になった際には低金利なバンクイックの活用をオススメします。
※2017年5月末時点(法人カードローン.com調べ)

  平日 土曜・祝日 日曜
テレビ窓口 営業時間 9時〜20時 10時〜18時 10時〜17時
審査対応時間 9時〜21時 9時〜17時 9時〜17時

※曜日・支店によって、テレビ窓口の営業時間は異なります。

 

即日カード発行の三菱東京UFJ銀行カードローン

三菱東京UFJ銀行カードローンの金利

利用枠 実質年率
10万円以上100万円以下 年13.6%〜年14.6%
100万円超200万円以下 年10.6%〜年13.6%
200万円超300万円以下 年7.6%〜年10.6%
300万円超400万円以下 年6.1%〜年7.6%
400万円超500万円以下 年1.8%〜年6.1%

 

三菱東京UFJ銀行カードローンの詳細

カード名 三菱東京UFJ銀行のカードローン「バンクイック」
限度額 500万円
実質年率 1.8%〜14.6%
審査期間 最短即日
借入方法 ATM、提携ATM、振込
返済方法 ATM、提携ATM、口座振替
担保・保証人 不要
手数料・保証料 不要
発行元 株式会社 三菱東京UFJ銀行