ビジネクストの追加融資は可能か?繰り返し使えるビジネスカードローンのメリットと注意点

経営者が事業性資金を融資で調達する場合は、第一に低金利を重視して日本政策金融公庫や民間の金融機関から借り入れすることを考えるでしょう。

しかし、短期間のつなぎ資金やそれほど高額ではない急な資金調達の場合、金融機関からの調達は時間がかかり、結果的に必要なときに間に合わないということも考えられます。

これに対して消費者金融のビジネスローンはカードローン形式で繰り返し利用ができ、増枠による追加融資の可能性もあります。

今回はつなぎ融資や短期返済の運転資金調達に便利で、法人だけでなく個人事業者向けとしても利用できるビジネクストのビジネスローンの使い方や追加融資の方法まで詳しく解説します。

ビジネクストは限度内なら繰り返し使えるビジネスローン

ビジネクストは大手消費者金融のアイフルの関連会社で、事業者向けの金融サービスを専業にしている消費者金融会社です。

ビジネクストで提供している事業者ローンにはビジネスローンとカードローンがあります。
基本的に金利や借入条件などは同じですが、若干の違いも見られます。

・ビジネスローンは証書貸付方式で融資のたびに契約が必要
・カードローン方式は限度額の範囲内で繰り返し借入可能
・カードローンは新規申し込み時は500万円が限度

証書貸付の場合、一度借り入れをすると原則としてその契約が終了しない限り追加融資はできませんが、返済能力に十分余裕がある場合には追加融資は可能です。
ただし、そのたびに新規申込としてビジネスローン審査を受けることになるため時間がかかるのがデメリット。

一方でカードローン形式は一度審査を通過すれば、利用限度の範囲内であれば何度でも融資を受けることができ、借入のたびに審査を受けるといった手間はありません。

ビジネスカードローンの使い方

ビジネクストのビジネスカードローンは金利を考えると、銀行融資と比べて高金利なのは間違いありません。

しかしいくら低金利でも必要なときにすぐに融資を受けられなければ意味がありません。

短期のつなぎ融資や緊急な資金調達の必要があるケースでは、金利よりも融資スピードを優先する必要があります。

金利は高くても高額でなく短期で返済すれば、金利負担はそれほど大きくなりません。

こうした点を考えるとビジネクストのビジネカードローンは、急な資金調達や短期のつなぎ資金にすばやく対応できるローン商品です。

カードローンの場合はすぐに融資を受けなくてもカードローンを事前に発行することもできるので、将来に備えてカードローンを発行しておけば即日融資に対応することも可能です。

ビジネクストで利用枠をアップさせるには?

ビジネクストのカードローンは利用枠の範囲内で繰り返し融資を受けられますが、限度枠に達してしまうと返済をするだけのカードローンになってしまいます。

そのため限度枠そのものを増枠することで、追加融資を可能にする必要があります。

ビジネクストカードローンは増枠可能か?

ビジネクストカードローンは初回申込では利用限度額が500万円となっていますが、この利用限度枠は増枠することが可能です。
ビジネクストの増枠申請フォームに必要事項を入力して送信すれば、増額審査が行われ増枠申請の結果が通知されます。

しかし、証書貸付では1,000万円の限度額が、カードローンでは初回500万円に制限されているのはそれなりの理由があります。

カードローンの場合は証書貸付と違い、一度審査をすると何度も借り入れすることができるので、それだけ返済能力が安定していなければカードの発行ができないからです。

そのため限度額を制限して安定して返済できるかどうかの様子を見るという意味も含まれています。

つまり実績を積み重ねていないと、増枠の申請をしても審査は通過しない可能性が高いということです。

それではどんな場合に増枠の審査を通過し、どんな場合では審査を通過しないのでしょうか?

ビジネクスカードローンの増枠審査

ビジネクストのカードローンの増枠申請には、ほぼ新規申込と同じ書類の提出が必要になります。

個人事業者や法人代表者の本人確認書類はもちろんですが、法人決算書や確定申告書の写しも2期分は必要です。

増枠審査では以下のふたつの審査ポイントがあります。

・カードローンを発行してから今までの利用状況
・新規申込のときと比べた利益や所得の違い

ビジネクストとしては今以上の利用枠を与えても返済が可能だという根拠がなければ、増枠の審査を却下することになります。

その根拠としては、過去の利用状況が良好で延滞が一度もない、新規申込時よりも利益や所得が上昇しているということが必要です。

また、カードローンを利用枠いっぱいまで利用したことがないのであれば、増枠をする必要がないと判断される可能性があります。

少なくても一度は限度額まで借入をして、ある程度残高が減るまで返済を続けている必要があるでしょう。

まったく利用したことがない、利用金額が少ない、遅延が多いといった場合は審査を通過することは難しいでしょう。

また、カードローンを十分に利用していても利益が下がり続けていれば、カードローンをプラスに活用できていないことになり、増枠することでさらにマイナスの効果となることが考えられます。

この場合も増枠審査を通過するのは難しいでしょう。

クレジットカードの増枠は新規申込よりも簡単な審査で通過しますが、ビジネスローンの増枠審査はむしろ新規申込よりは難しいと考えてもいいでしょう。

その結果、増枠申請によるデメリットも発生します。

増枠申請のデメリット

増枠の審査を通過するのは簡単なことではないということがわかりましたが、増枠申請することで大きなデメリットにつながることもあります。

カードローンの返済が延滞することが多い、現在未払金があるといった状態で増枠申請をすると、増枠どころ強制解約や減額の可能性すらあります。

カードローン発行後に審査することを途上与信といいますが、増枠申請やカード更新時以外は、あまり途上与信は行われません。

そのため何もしなければ減額されないケースでも増枠申請をしたために減額されるということもありえます。

もちろん延滞が長期化すれば強制解約となり一括請求されますが、そこまでの延滞でない場合は遅れながらでも支払っていれば減額や強制解約までには至らないことが多いのです。

増枠申請をする場合は自分の利用状況を十分に考慮した上で行いましょう。

また、収入証明書も提出するので新規申込のときよりも大幅に利益が下がっていたり、赤字が続いたりという場合も増枠申請は控えることをおすすめします。

増枠は業績が回復してからすることであって、寝た子を起こすようなことは避けるのが懸命です。

ビジネクストの申込方法

ビジネクストは全国的な店舗展開をしていないので、カードローンを申込む場合はネット申込が基本です。
申込手順の流れや必要書類をご紹介します。

1.公式ページの申込フォーマットを記入して送信
2.申込内容を仮審査して結果を通知
3.仮審査を通過すると必要書類を送付(メール、FAX、郵送)
4.書類が届いたら本審査を開始し、結果を通知
5.契約書などの手続き後、融資実行

必要書類は法人、個人事業主によって以下の違いがあります。

法人
・代表者本人を確認する書類
・決算書
個人事業主
・本人確認書類
・確定申告書
・当社所定の事業内容確認書

ビジネクストでは開業資金は取扱していないので、開業間もない場合は審査対象外です。少なくても決算書や確定申告書1期分を提出できる状態の法人や個人事業主が申込可能です。

ただし赤字決算でも申込を受け付けているので、赤字の場合は事前に担当者へ相談することで審査通過の可能性はあります。

ビジネクストの商品紹介

それでは最後にビジネクストのカードローン以外の商品をご紹介します。

ビジネクストでは事業者ローン以外にも事業者向けのサービスが提供されているので、融資以外の資金調達方法も可能です。

医療機関、介護事業者向けローン
 融資額:100万円~5億円
 契約利率:年5.0%~15.0
 医療機関や介護事業者、調剤薬局向けの低金利のビジネスローン
不動産担保ローン
 融資額:100万円~1億円
 契約利率:年2.49%~14.80
 不動産を担保で受けられる低金利ローン。カードローン方式もある。
売掛債権ファクタリング
 前払い限度額:1億円
 手数料:月利2.0%以下
 売掛債権を売却することで現金化するサービス。
法人クレジットカード
カード利用枠:5万円~300万円
従業員カード:最大50
年会費無料
ポイントサービスあり
ETCカード年会費無料
経費を決済するための法人・個人事業主向けのクレジットカード。
振込代行サービス
ビジネクストが毎月の振込金額を立て替え後日一括精算するサービス。
個別に振込手数料を支払うよりも手数料負担が少ない。

ビジネクストでは事業融資だけでなく、上記のように様々な事業者向けサービスを提供しているので気になるサービスがあれば担当者に相談してみましょう。

まとめ

中小企業経営者や個人事業主は低金利融資を有利に受けることが少なく、融資を受けても融資額には限度があります。

そのため低金利融資は高額な事業資金用に利用し、少額な運転資金やつなぎ資金は消費者金融を利用すると効率的です。

中でもビジネクストは無担保の事業融資だけでなく様々な事業者向けのサービスを提供しています。

事業者向けの総合資金調達先としてビジネクストを活用してみましょう。

ビジネクストの追加融資は可能か?繰り返し使えるビジネスカードローンのメリットと注意点の詳細

カード名
限度額
実質年率
審査期間
借入方法
返済方法
担保・保証人
発行元