オリックスVIPローンカードBUSINESSの審査時間はビジネスローントップクラスのはやさ

個人事業主にとってビジネスカードローンは急な事業資金のニーズにも対応できる便利なキャッシングカードです。

一般的なカードローンは事業資金に対応していないことも多いので、オリックス・クレジット株式会社が発行する「オリックスVIPローンカードBUSINESS」は事業資金に利用できるカードローンとして価値があります。

しかし、ビジネスカードローンを申し込みする場合に気になるのは金利の他に、審査スピードや審査難易度です。

緊急な事業資金の場合は必要な時期に間に合わなければ、いくら金利が低くても役に立ちません。

今回はオリックスVIPローンカードBUSINESSの審査時間や審査難易度に関して詳しく解説します。

午前中の申込なら午後には融資も実施!?

まずはオリックスVIPローンカードBUSINESSの申込からカード利用までの流れをご紹介しましょう。

オリックスVIPローンカードBUSINESS申込の流れ

オリックスVIPローンカードBUSINESSの申込方法はWEBでの申し込みとなりますが、申込から融資実行までの一連の流れは以下のとおりです。

  1. WEB上の申込みフォームに必要事項を入力して送信
  2. 本人確認書類、収入証明書、経営状況報告書(個人事業主のみ)もWEBで送信
  3. 入会審査開始
  4. 審査通過の場合は在籍確認と本人確認が行われる
  5. 審査を通過したい場合はメールで結果連絡
  6. 指定送付先(自宅または勤務先)にカード送付
  7. WEB上で契約内容の確認と同意手続きをする
  8. 契約手続き完了後に融資実行可能

申込から融資までの流れは上記のとおりですが、実際にはどれくらいの時間がかかるのかを説明しましょう。

申込から融資実行までの時間

オリックスVIPローンカードBUSINESSの場合、申込から審査結果までは最短60分となっていますが、必ず60分以内に審査が終了するわけではありません。

審査に時間がかかるケースもありますが、必要書類を送付するまで審査は終了しません。

そのため必要書類は申込み前に必ず準備しておきましょう。

オリックスVIPローンカードBUSINESSで必要な書類は以下のとおりです。

  • 本人確認書類

・運転免許証写し

・パスポート写し

・健康保険証写し

  • 年収を確認できる書類

・源泉徴収票(最新)または2ヶ月連続の給与明細書+1年分の賞与明細書

・確定申告書(最新)

・課税証明書または地方税決定通知書

個人事業主の場合は上記の他に、オリックス・クレジット所定の経営状況報告書も提出する必要があります。

この書類の記載時間もあるので、急ぎの資金調達は時間に余裕を持って申込をしましょう。

なるべく午前中の早い時間に申込をしておけば、当日中の融資実行の可能性が高くなります。

オリックスVIPローンカード BUSINESSを利用できるのは?

オリックスVIPローンカードBUSINESSの審査がいくら速くても、申込条件を満たしていなければ審査は通過しません。

申込前に必ず申込条件を確認しておきましょう。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの申込条件

オリックスVIPローンカードBUSINESSの申込条件は以下のとおりです。

20歳~69歳までの方で、以下のいずれかに該当する方が、申し込みできます。

・業歴1年以上の個人事業主の方。

・法人格を有する事業の代表者(経営者)の方

個人事業者と法人代表者以外の申し込みはできないので、会社勤めのサラリーマンは申込対象からはずれます。

しかし、副業として事業所得を申告していて十分な所得金額があれば申込対象にはなるでしょう。

個人事業主の場合は業歴1年以上という条件があるので、開業したばかりで確定申告を1度もしていない場合は申し込みの対象外となります。

法人代表者も申し込みが可能ですが、法人の業歴については特に制限はありません。

しかし、代表者個人の収入をきちんと証明でき、返済能力も認められなければ審査は通過しません。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの資金使途

オリックスVIPローンカードBUSINESSはビジネスローンという扱いなので、資金使途は基本的に事業性資金となります。

しかし、資金使途は自由となっているので生活資金に運用することも可能です。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの公式サイトでは以下の「賢い使い方」を推奨しています。

  • 運転資金・つなぎ資金

売り上げが入金されるまでの運転資金や、銀行からの融資までのつなぎ資金の確保

  • 必要なときに資金調達

即時振込・即時返済サービスに対応しているので、電話やインターネットで、借入れが可能

  • いざというときの備えに

今必要ではなくても、カードを持つことで予定外の急な資金需要に備えることができる

資金使途は自由ですが利用目的が消費など生活資金であれば、オリックスVIPローンカードBUSINESSよりも低金利のオリックスVIPローンカードをおすすめします。

最高金利で比較しても年3%以上の違いがあります。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの審査は厳しい?

オリックスVIPローンカードBUSINESSの申込条件をクリアしても審査を通過するという保証はありません。

申込条件は審査を受ける資格があるという程度の意味なので、実際に審査を通過するかどうかは推測するしかありません。

「お借入診断」は目安にならない

公式ページには「お借入診断」というシミュレーションがあり、年齢・年収・他社の利用残高を入力するだけで融資可能かどうかの判断をすることができます。

しかし実際に入力してみると申込条件をクリアするかどうかの判断だけで、「ご融資可能と思われます」というコメントが表示されます。

ここでチェックしているのは年齢と借入金額が年収の1/3を超えているかどうかだけなので、年収を10万と入力しても残高をゼロにすると融資可能と判断されます。

また、ビジネスカードローンは年収の1/3という規制の対象にならないので、オリックスVIPローンカードに申し込む場合しか参考にすることはできません。

オリックスVIPローンカードBUSINESS個別の審査難易度よりも、ビジネスローンの審査では何が重要なのかという点を考えてみましょう。

審査通過を高めるポイント

オリックスVIPローンカードBUSINESSの審査を受けるとき、高確率で審査を却下される要素があります。

まずはこれらの要素を排除することで審査通過率を高めましょう。

  1. 個人信用情報機関の事故情報
  2. 赤字経営

個人信用情報機関にはすべての消費者金融やクレジットカード会社などのノンバンク、金融機関が加盟していてそれぞれの会員情報を提供しています。

さらに審査時には必ず個人信用情報機関の情報を参照するので、事故情報と呼ばれている長期延滞や自己破産などの記録があると審査は通過しません。

この場合は対象の契約が終了してから5年経過後に申し込みする以外にはないので、直近の申込は諦めましょう。

個人事業主の場合は青色申告であれば赤字を3年繰り越せるので、申込み時にちょうど赤字を繰り越している可能性があります。

その場合は提出書類の「経営状況報告書」を活用して、赤字の原因や実際には黒字であることなどを詳しく説明しておきましょう。

赤字の原因を説明しない場合は審査を通過しない可能性が高くなります。

日本全国にあるほとんどのATM、CDが利用できる

オリックスVIPローンカードBUSINESSのメリットのひとつには使いやすさがあります。

借入と返済に関してどのように使い勝手がいいのかをご紹介しましょう。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの借入方法

オリックスVIPローンカードBUSINESSの借入方法は2種類しかありませんが、それで十分と言えるほど内容は充実しています。

  • 提携ATM
  • 即時振込

オリックスVIPローンカードBUSINESSの借入方法は上記の2つですが、他社のカードローンの場合上記に加えて店頭や自社ATMを利用した借入方法があります。

しかし、店頭や自社ATMが必要ないほどオリックスVIPローンカードBUSINESSの提携ATMの台数は充実しています。

即時振込はインターネットバンキングを利用した借入方法で、ネットバンキングの利用時間であれば24時間365日手数料無しで即時振込が可能です。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの返済方法

オリックスVIPローンカードBUSINESSでは返済は以下の3つとなります。

  • 口座振替
  • 提携ATM
  • 即時返済

上記の中で即時返済を利用するには、オリックスVIPローンカードBUSINESSのインターネット返済に対応した金融機関のネットバンキングを利用している必要があります。

ほとんどの金融機関が対応しているといってもいいですが、自分が利用しているネットバンキングで返済できるかは公式サイトで確認しておきましょう。

即時返済はもちろん手数料は無料です。

オリックスVIPローンカードBUSINESSで使えるATM

オリックスVIPローンカードBUSINESSで借入・返済が可能な提携ATMは全国のATM台数の90%以上となっているので、日本全国どこに住んでいてもATMが利用できないということはないでしょう。

オリックスVIPローンカードBUSINESSの提携ATM台数

  • 借入:約173,000台
  • 返済:約158,000台

全国の都市銀行、地方銀行、信託銀行、地方銀行Ⅱ、信用金庫、ゆうちょ銀行のCDATM設置台数120,894台とコンビニ・その他のCDATM設置台数50,563台の合計は171,457台です。

つまりATMで借り入れる場合は100%、返済でも92%のATMが利用できます。

まとめ

オリックスVIPローンカードBUSINESSは事業者にとっては使いやすいビジネスカードローンです。

審査スピードも速く借入や返済でも提携ATMが充実して使い勝手がいいカードローンとしておすすめできます。

特に即時借入ができるので、急な資金調達にも対応することが可能です。

カードローンを利用していない法人代表者や個人事業主の方はこの機会にオリックスVIPローンカードBUSINESSを検討してみましょう。

事業費、運転資金、設備投資・・・資金繰りで悩む経営者・事業主の方へ 経営者・個人事業主専用カードローン ビジネクスト