プロパー融資と保証付融資の違い

大企業や中小企業だけでなく、自営業者にとっても資金不足は避けなければならず、安定した事業を行うためにも金融機関からの融資は欠かせません。

 

事業資金を目的とする融資には、いくつか種類があり、特徴も様々です。

 

主な事業融資
・日本政策金融公庫
・信用保証付き融資
・ビジネスローン
・プロパー融資

 

中でも銀行が行う融資には「保証付融資」と「プロパー融資」があり、プロパー融資は魅力の高い融資となっています。

 

プロパーの意味を調べてみると「固有・特有」のような意味を持っており、つまり、銀行独自で行う融資のことです。

 

銀行に限らず、金融機関は融資を行った返済額に含まれる利息で収益を上げています。

 

しかし、万が一、貸付先の企業が倒産などで融資したお金の回収できなかった場合は貸倒となってしまうのです。

 

実際、過去には経済的な不景気の煽りも受け、多くの銀行が企業に貸付していた出資額を回収できない状態になり、いわゆる不良債権をかかえることになりました。

 

こういった時代背景もあり、一般的にはプロパー融資には銀行も慎重であることから審査ハードルも高く、確かな売上を確保できている経営実績が求められるのです。

 

起業してスグのプロパー融資は困難

公的金融機関や銀行からの融資は低金利で借りることができる特徴があるため、経営者や事業主にとっては借入先としては最もメリットが大きくなります。

 

借りたお金の使い道としては、従業員に支払う給与や賞与資金などの運転資金、取引先へ請求額の入金までのつなぎ資金、商材によっては季節資金や納税資金、設備資金などもありえるでしょう。

 

しかし、銀行も融資したものの回収できないということは避けなければなりません。

 

特に創業資金・開業資金の融資はもちろん、起業して間もない段階では、最低でも信用保証協会の保証付きでなければ銀行から融資をしてもらえないと考えておいた方がいいでしょう。

 

信用保証制度と言われる仕組みは、簡単に言うと、銀行への返済が怠った場合、一時的に信用保証協会が代位弁済してくれるというものです。

 

銀行からすれば、債権回収が困難になったとしても、保証人でもある信用保証協会から代位弁済してもらえるので貸倒リスクが軽減できるのです。

 

もちろん、代位弁済してもらった資金は信用保証協会に融資を受けた会社から返済する義務があります。

 

ただ、保証付き融資を受けたい場合、信用保証協会に信用保証料を支払う必要があり、保証料も企業の財務状況を参考にし、9つの料率区分から保証料率が決められます。

 

開業したばかりで出費を抑えたい場合であっても、信用保証付きで借りたい場合にはどうして保証料が必要になります。

信用力を高めてプロパー融資に借り換え

最初から銀行のプロパー融資で借りたいところですが、実績がないうちは難しいでしょう。

 

一般的には2年〜3年の経営実績が必要とされており、きちんと純利益が増えていることが求められます。

 

プロパー融資を利用するメリットとしては、大きく二つあります。

 

・信用保証料が不要
・融資の限度額がない

 

信用保証協会に支払っていた保証料が、プロパー融資に借り換えすることで丸々なくなることになります。

 

信用力がなければプロパー融資の利用はできないと分かっていても、融資を受けるために、手数料を支払うのは複雑としか言いようがありません。

 

また、信用保証付き融資では保証限度額が定められています。

 

中小企業信用保険あり  2億円(組合4億円)
無担保保険 8,000万円
合計 2億8,000万円

 

事業規模によっても融資額は大きく変わりますが、2億8,000万円以上は信用保証付き融資では借りることができません。

 

しかし、プロパー融資では限度額の設定は設けられておらず、銀行が直接融資を行うので審査や金利交渉も含めて融資額を決めていきます。

 

銀行員も営業ノルマなどがあれば融資に積極的になるかもしれませんが、もちろん、いきなり大口融資を希望しても審査では厳しい結果となるかもしれません。

 

融資額に関しては少しずつ実績と共に増額してもらうのが一番ベターな増額方法です。

プロパー融資の審査ポイント

どんなローン審査であっても重要視されるのは自己資本を含めた利益だと考えられます。

 

極端な例ですが、売上5億円に対して利益は100万円しかない場合など、何かしら無駄が生じているように思われるかも知れません。

 

銀行も金融のプロですから決算書を元に慎重に審査を進めていきます。

 

事業計画書、貸借対照表、損益計算書、そして経営者(社長)の信用力も含めて総合的に判断されることになります。

 

日頃からの銀行との付き合い方によっても評価は変わってくると言えます。

ビジネスローンを併用して借入

プロパー融資または信用保証付き融資とは異なるビジネスローンは事業性資金専用のローンです。

 

一般の個人向けカードローンよりは事業性ということで審査基準は高くなるものの、プロパー融資と比較すると全然ハードルは低くなると言えます。

 

何よりも金利がやや高い分、融資スピードが早いので、中小企業や個人事業主の資金調達に大きく役立ちます。

 

経営者・個人事業主専用のカードローン(ビジネスローン)「ビジネクスト」などがあります。

 

基本的に入会金・年会費も無料であることから、一枚持っておくと便利だと言えます。

 

また、消費者金融が提供している事業者ローンでは最短即日で融資が受けられる「プロミス自営者カードローン」もあります。