ビジネクスト

 

一般的に個人向けのカードローン商品では、資金使途が自由なものの、事業性資金として利用することはできません。

 

しかし、ビジネクストは最大1,000万円まで借りることができる事業者向けのビジネスローン商品となります。

 

借りたお金の使用用途は自由となるため、経営者や事業主が頭を悩ませる、資金繰りや取引先への支払いはもちろん、設備投資などあらゆる場面で利用することができます。

 

本審査が済めば翌日には借りれるほどのスピード対応は、事業の大きなサポートとなること間違い無しです。

 

 

限度額1,000万円までの融資

ビジネクストは事業者向けのローンとして、限度額1,000万円まで借りれます。

 

法人での借入の場合は、代表者が連帯保証人になる必要がありますが、第三者などの保証人や担保は不要

 

その分、金利は銀行などと比較すると高めの設定となります。

 

利用限度額100万円未満の場合は年率13.0%〜18.0%と決して低い金利設定ではありません。

 

しかし、利用限度額100万円以上となると年率8.0%〜15.0%と借入額に応じて二段階で適応金利が変動します。

 

事業費として100万円以上の借入をする場合、法人向けカードローンでもある「オリックスVIPローンカード BUSINESS」であれば年率6.0%〜14.9%の金利で借りることができます。

 

ただし、限度額は500万円までとなっている点には注意が必要です。

 

最高1,000万円まで事業融資のビジネクスト

 

事業向けだから総量規制対象外

ビジネクストカード

ビジネクストでの借入は、事業性融資となるため、総量規制の例外となります。

 

総量規制は、貸金業法に含まれる制度であり、年収1/3までしか借入できない規制。

 

例外や除外が総量規制には設けられており、資金使途が事業性である場合、総量規制の例外として扱うことができます。

 

つまり、ビジネクストでは契約者の年収額に縛られずに借入することが可能。

 

事業性資金としての借入に縛りがないことは、資金不足の時はもちろん、ビジネスを広げるチャンスも逃しません。

 

総量規制対象外になるビジネクストの事業融資

 

まずは「スピード診断」でお試し

個人向けカードローン商品では見かけることも多い借入診断サービスですが、ビジネクストでも無料の「スピード診断」サービスを設けています。

 

 

実際に試してみると分かりますが、10秒もあればすぐに診断ができます。
入力する項目は以下の通り。

 

・代表者年齢(20歳未満・20歳以上〜70歳以上)
・事業形態(法人・個人事業主・給与所得者)
・年間売上
・他社借入金額

 

プルダウン形式による選択と金額入力だけの、たった4項目で融資可否の診断をしてもらうことができます。
スピード診断は無料なので、様々な入力パターンで試してみました。

 

まず前提として、申込者が年齢20歳以上〜69歳以下の経営者、個人事業主であることがビジネクストの申し込み条件です。

 

そのため、代表者年齢の選択において、「20歳未満」・「70歳以上」のいずれかを入力したり、事業形態を「給与所得者」を選択していると融資NGの診断がされます。

 

売上や他社借入金額のことよりも、まずは年齢制限の事業形態をクリアしていることが必須となります。

 

では、ビジネクストの申し込み条件をクリアしている方であれば、あとは売上や他社借入金額がポイントとなります。

 

色々なパターンで試してみると、年間売上は1,000万円以上、他社借入金額は1,000万円以下にしておくことで融資検討が可能と診断されます。

 

 

売上は少しでも多く、借金は少しでも少ない方が審査に有利になることは間違いないことが浮き彫りとなっています。

 

ただ、事業性資金の融資に関しては、事業内容によっても基準は異なると考えられます。
後々にリターンが大きくなる事業であれば、目先の売上で融資の可否を判断するのは難しいでしょう。

 

あくまでも診断サービスなので、実際の融資結果とは異なる可能性も十分あります。
申し込み条件をクリアしていれば、一度ビジネクストの審査にチャレンジしてみるのも検討してみてはいかがでしょうか?

 

ビジネクストの無料スピード診断から試す

 

赤字決算でも審査してもらえるビジネクスト

ビジネスローンの代表格でもあるビジネクストは、実は大手消費者金融でもあるアイフルグループが提供している事業者向けローンです。

 

まだまだ事業が軌道にのっていない中小・零細企業や個人事業主では、ギリギリの所得で事業を行っていることも少なくありません。
それでも自己資本が少ないなかでも運転資金の確保は大きな悩みと言えるでしょう。

 

運転資金が足りなくなり、融資を受けられなくなることはキャッシュがショートして倒産となってしまいます。
しかし、銀行融資に限らず、ビジネスローンも含めて赤字事業に対しての融資は消極的な現状があります。

 

赤字決算だから融資を受けにくいは事実としてありますが、財務状況が悪くても諦める前に「ビジネクスト」を検討してみてください。

 

ビジネクストなら過去の財務内容だけでなく、現状の事業状況などを踏まえて融資を検討してもらえます。

 

 

これは貸付ノウハウを豊富に持っているアイフルグループだからこその対応だと言えるでしょう。
多くのビジネスローンでも公式な発表で「赤字決算」への対応を明言しているところは著者の知るところ他にはありませんでした。

 

特に事業内容や外的要因によって売上に波がある個人事業主の方には「ビジネクスト」は持っておいて損はない一枚だと考えられます。

 

ビジネスローンは申し込みから融資まで早いですが、業績の良し悪しで都度の対応ではリスクもあります。

 

いつでも資金調達に対応できるように年会費無料のビジネスローンを持っておくことで精神的なゆとりも持つことができます。

 

財務状況が不安ならビジネクストに申し込み

 

ビジネクストなら来店不要で契約可能

法人として、自営業者として融資のお願いするイメージもあるかも知れませんが、昨今、店頭窓口での交渉というのは公的融資や銀行融資の場合です。
ビジネクストでは申し込みから契約完了まで来店不要で済ませることができます。

 

 

ビジネクストへの申し込みは電話、またはオンラインで申し込みすることができます。
オンライン申し込みであれば24時間受付してもらえるので、資金調達が必要になったときにはスマートフォンからでもスグに申し込みできます。

 

事業者向けローンを数多くそろえているビジネクストということもあるので、用途に応じて必要なサービスの選択も可能。

 

 

ビジネスローンだけでなく、法人向けのクレジットカードやファクタリングにも対応してもらえます。
資金調達の計画をシッカリと立てて、必要に応じたピッタリのローン商品を選ぶようにしましょう。

 

ビジネクストにオンライン申し込み【24時間受付】

 

借入・返済は提携ATM

ビジネクスト提携ATM

事業者向けローンでもあるビジネクストですが、個人向けのカードローンと同様に、コンビニなどお近くの提携ATMから借入・返済することができます。

 

セブン銀行ATM、東京スター銀行(借入のみ)、アイフルのATMが利用可能。

 

来店する必要がないので、外出しているついでに借りることも返すことも便利にできます。

 

ビジネクストの詳細

カード名 ビジネクスト
限度額 1,000万円
実質年率 8.0%〜15.0%

※利用限度額100万円以上
13.0%〜18.0%
※利用限度額100万円未満

審査期間 最短即日回答(仮審査)
借入方法 提携ATM
返済方法 提携ATM
担保・保証人 不要

※法人は代表者が連帯保証

手数料・保証料 不要
発行元 ビジネクスト株式会社