資金繰りをサポートする法人向けカードローン

資金繰りとは資金の収入と支出を見計らい、先々で資金不足にならないよう継続的に資金の流れを管理することを言います。

 

おそらく翌月程度であればイメージもわきやすいかもしれませんが、3ヶ月、半年、1年後と先の収支管理はどうでしょう?

 

毎月の従業員への給与(人件費)などの固定費出費に加えて、設備投資などの資産購入代、取引先への買掛金の返済など、資金が不足してしまっては支払いができません。

 

決済が不能になると企業倒産になってしまいます。

 

しかし、日頃から資金繰りをしておけば先々での資金不足に対しての対策をいち早くとることができます。

 

■資金繰り表サンプル■

資金繰り表

 

特に現金の少ない中小企業の経営者は、資金管理と合わせて、銀行など融資をしてくれる借入先を確保しておくことが極めて重要です。

 

運転資金の確保は経営改善の上で欠かせないことです。

 

企業にとっての血液とも言える資金が不足してくると、いわゆる借金経営に陥りかねません。

 

会社経営において不測の事態で資金不足になることも少なくないので、事前対応できるように資金繰り予定表と実績表を作成するなどして日頃の資金の流れを把握しておく必要があります。

 

金融機関からの借入時には資金繰り表の提出も求められるので定期的に作成しておきましょう。

 

また資金繰りでは会社の収支を管理していても、企業では支払い時期などの関係で資金不足はどうしても発生してしまいます。

 

入金、支払い期間のズレで生じた資金不足分は資金調達で解決します。

 

日頃から資金繰りを把握して円滑な資金調達ができるようにしておくことで運転資金の確保に備えましょう。

 

資金繰りに便利な事業者ローン

企業経営において資金計画は大切ですが、計画通りに進まないのが実情です。

 

銀行融資が止まった、得意先の売掛金の回収が支払日から遅れているなど、様々な原因から資金不足に陥る可能性があります。

 

そういった予期せぬ資金状況にもスムーズな対応ができるように経営者は備えておかなければなりません。

 

そこでおすすめなのが法人向けのビジネスローンを活用することです。

 

経営者・個人事業主専用のカードローン「ビジネクスト」は、年会費も無料なので持っておくと、手元資金が不足した時でも安心です。

 

もちろん、ビジネスローンなので事業資金としても活用することができるので、ビジネスチャンスに生かせることもできます。

 

キャッシュでの融資になので借入金の使い方は自由。

 

限度枠の中でなら追加融資もできるので、企業の営業活動のサポート役としておすすめです。