年会費無料の法人カードを選ぶ前に

法人カードを利用することで特に個人事業主や中小企業経営者にとっては、経費管理が楽になったり、経費が節減できたりといったメリットがあります。

 

しかし、経営規模が小さいほど法人カードの年会費も気になることでしょう。

 

カード年会費も経費計上できるので課税対象にはならないとはいえ、ゴールドカードやプラチナカードの年会費負担は大きいと考える経営者も多いと思います。

 

法人カードは高額な年会費ばかりではなく年会費無料のカードもありますが、この場合は反対にサービス内容を気にしなければなりません。

 

今回は法人カードの年会費とそのサービス内容についてご紹介します。

 

 

カード年会費とサービスの関係

法人カードに限らずクレジットカードの年会費は提供するサービスと大きく関係しています。
グレードが高いクレジットカードほど年会費も高く、サービスの質も高くなるという比例関係にあります。

 

年会費は付帯保険に影響が大きい

年会費無料のクレジットカードは海外旅行傷害保険といった付帯保険が提供されない傾向にあります。
ライフカードはそれを明確にしていて、年会費無料の場合は海外旅行傷害保険の付帯なしとなります。

 

付帯保険の保険料はクレジットカード会社の負担なので、年会費無料の場合はどうしても付帯保険が提供できなくなる傾向が大きくなります。

 

中には年会費無料で海外旅行傷害保険を提供しているクレジットカードもありますが、こちらのほうが例外と言ってもいいでしょう。

 

ポイントサービスも年会費の影響を受けやすい

年会費無料でもポイントサービスは提供されますが、基本還元率を高くすることはできないようです。

 

そのため年会費無料で高還元率カードという場合は、リボ払い専用カードにして利益率を高めるという形でサービス提供しています。

 

もしくは年会費を有料にして年間カード利用金額が一定以上の場合に、次年度の年会費を無料にするといった条件付きで高還元率を実現しています。

 

クレジットカード会社にとっても年会費無料のクレジットカードは人気があるので、会員獲得と利益確保を両立するために様々な工夫をしているのです。

 

ポイント還元のあるオススメ法人カード

 

優待サービスは年会費には影響を受けない

優待サービスに関しては年会費に関係なく一定のサービスが提供されています。優待サービスはクレジットカード会社が提供するものと、国際ブランドが提供するものがあります。

 

どちらの場合もすでに優待サービス提供する業者と提携しているので、年会費とは無関係に提供できるようです。

 

年会費無料の法人カードはあるか?

年会費無料の法人カードはほとんどないと言ってもいいでしょう。しかし探してみるといくつか見つかったので参考までにご紹介しましょう。

 

コーナンPRO Business Card

コーナンPRO Business Cardは建築設備資材の専門店「コーナンPRO」とポケットカードの提携カードです。

 

コーナンPRO利用しない事業者にはあまり使えない法人カードですが、反対に取引がある場合は必須の法人カードです。

  • 年会費は永年無料。追加カードも無料。
  • 法人代表者または個人事業主が対象
  • 国際ブランドはマスターカード。ただし従業員向けの追加カードはコーナンPROとエネオスしか利用できないハウスカード(最大5枚発行)。
  • 支払いは最長3ヶ月後。
  • ポイントはポケットポイントで還元率0.5%
  • エネオスではガソリン単価は常に2円引き
  • リボ払い可

 

カーマ・ビジネスカード/建デポ プロビジネスカード

カーマ・ビジネスカードもDCMカーマとポケットカードの提携カードで、やはり建築資材の販売店です。
カードのサービス内容もコーナンPRO Business Cardとほとんど同じです。異なる点だけご紹介しましょう。

 

  • 従業員カードは「DCMカーマ」、「DCMカーマ21」、「カーマプロ」、「ホダカ」だけで利用でき1回払のみ(10枚まで発行)
  • ポケットポイントは2倍(還元率1%)

 

建デポ プロビジネスカードも同様で、会員制総合建材店「建デポ」とポケットカードの提携カードです。

  • ポイントは建デポポイントで還元率1%、3ヶ月間の利用金額によって最大還元率1.5%
  • 従業員カードは建デポ店舗で1回払のみ(最大5枚発行)

 

P-one Business MasterCard

ポケットカードは建築資材店と提携した無料法人カードを数多く発行していますが、汎用的な法人カードも実質年会費無料で発行しています。

 

建築関係の業種以外の場合はこちらを検討してみるのもいいでしょう。

 

■P-one Business MasterCardの概要

  • 年会費は初年度無料。次年度税抜2,000円。一度でもカード利用すれば次年度も無料。
  • 法人代表者または個人事業主が対象
  • 従業員カードは5枚まで発行
  • カード利用可能枠最大300万円
  • 付帯保険はショッピング保険300万円
  • ポイントサービスはポケットポイント。1,000円で2ポイント付与(還元率1%)

 

年会費無料法人カードなので海外旅行傷害保険といった付帯保険はありませんが、ポイント還元率が高いので海外出張などがない中小企業や個人事業主向けの法人カードです。

 

特に従業員が5名以下の小規模企業におすすめの法人カードです。
支払いが3ヶ月先になるというのは小規模企業にとってはメリットが大きいでしょう。

 

低年会費の法人カード

年会費無料の法人カードは選択肢が少ないですが、年会費2,000円以内の法人カードは豊富にあります。
年2,000円であれば、それほど気にせずに利用できるので選択肢の幅が広がります。

 

JCB法人カード(一般)

法人カードを安く利用したいといっても、やはりある程度のステータスは必要と考えるのであれば、JCBカード(法人)がおすすめです。

 

一般カードでも銀行系カードということでそれなりにステータスがあり、一般的にも認知されています。

 

■JCB法人カード(一般)の概要

  • 年会費税別1,250円(初年度無料)
  • 法人または個人事業主対象
  • カード利用限度額50万円〜100万円
  • ポイントサービスは「Oki Dokiポイント」1,000円1ポイント付与。還元率0.5%
  • 海外旅行傷害保険最高3,000万円
  • 国内旅行傷害保険最高3,000万円
  • ショッピング保険100万円(海外)
  • オンライン予約でチケットレス国内出張やオフィス用品をリーズナブルに購入、経理作業を効率化できるビジネスサービス付き

 

WEB明細のMyJチェックに登録すると海外旅行傷害保険や国内旅行傷害保険が付帯され、海外利用でポイント2倍、ポイント優待店「JCB ORIGINAL SERIESパートナー」が利用できます。

 

法人カードの年会費にあまりお金をかけたくないという経営者の方にとっては、JCB法人カードは少ない年会費で豊富なサービスがあるのでおすすめの法人カードです。

 

EX Gold for Biz S iD×QUICPay(エグゼクティブ ゴールドフォービズ エス アイディ クイックペイ)

EX Gold for Biz Sは個人事業主専用の法人カードですがEX Gold for Biz Mは法人代表者用で、サービス内容はどちらも同じです。

 

どちらも電子マネーiDかQUICPayが標準装備されています。
ゴールドカードですが年会費が税別2,000円とリーズナブルで、サービスも豊富なのでおすすめです。

 

■EX Gold for Biz S iD×QUICPayの特長

  • 年会費税別2,000円
  • ポイントサービスは「暮らスマイル」1,000円1ポイント付与。還元率0.5%
  • 国際ブランドはVISAまたはマスターカード。「MasterCardビジネスアシスト」または「Visaビジネスオファー」の優待サービス付き
  • 海外旅行傷害保険最高5,000万円自動付帯
  • 国内旅行傷害保険5,000万円(死亡後遺障害のみ補償)利用付帯
  • ショッピング保険100万円
  • ビジネスサービスとして会計ソフト「freee(フリー)」の有料プランが通常より2ヵ月分お得
  • 福利厚生サービス「ライフサポート倶楽部」(オプション)

 

高額年会費でもメリットがある

法人カードを選ぶ場合には基本的に必要なサービスが提供されているかどうかで選択しましょう。
とりあえず経費が決済できればいいという場合は、年会費を低く抑えることができる法人カードを選んでも構いません。

 

しかし、海外出張や国内出張が多いという場合は、交通費が節約できるサービスがあると経費節減になります。
空港ラウンジサービスがあれば便利に使えます。また、車両台数が多い場合はガソリン代が節約できるオイル系の法人カードなども便利です。

 

年会費が高く幅広いサービスや特典が提供されていればそれだけビジネスシーンで役立つサービスも多くなります。
年会費よりもサービスを中心に選択することで年会費以上にお得になるのが法人カードです。

 

 

アメリカン・エキスプレス・ビジネスゴールド・カード」「JCBゴールド法人カード」「セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス」といった法人カードは年会費が1万円〜3万円の範囲内ですが、幅広いサービスが提供されています。

 

またゴールドカードやプラチナカードでは、ステータス面でもトップクラスなので年会費以上の効果が期待できます。
年会費にこだわらずぜひ選択肢に加えてほしいおすすめの法人カードです。

 

まとめ

法人カードには色々なサービスがあり、最近ではリボ払いができる法人カードもあります。
リボ払いやキャッシング利用するときは特に注意が必要です。経費は基本的に発生した月に処理するのが基本ですが、1回払いであれば一定期間ずれるだけなので処理は簡単です。

 

しかし、リボ払いはいつ発生した経費なのかわからなくなってしまいます。
またキャッシングは一時的に資金不足に対応するには便利ですが、高金利(年18%)ということを忘れないようにしましょう。

 

キャッシングでリボ払いを多用すると金利負担が大きくなるので注意しましょう。
また銀行から資金調達するときもキャッシング利用が多いと審査にも影響します。

 

しかしこうした点に注意していれば法人カードにはメリットがあります。
経営規模に合わせて必要なサービスがある法人カードを的確に選べば必ず経費節減や経費管理が簡便化されて、経営に良い影響を与えます。
みなさんも自分の経営スタイルに合った法人カードを選んで活用しましょう。

サービスの高い法人カード

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレス【今すぐ申し込む】

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスは「アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード」よりも年会費が安い法人向けのプラチナカードです。
国内外の出張などにサービスが充実しており、世界各国の空港ラウンジが使える「プライオリティ・パス」も無料で使えます。

入会金 年会費 旅行損害保険 発行までの時間
無料

20,000円(税別)

※年間200万円以上の利用で翌年度半額

最高1億円

 

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカン・エキスプレスの詳細
公式サイト

 

 

JCB法人カード(一般)【今すぐ申し込む】

 

JCB法人カードは年会費が初年度無料で(次年度以降1,250円(税別))と低価格な年会費で発行することができます。
まだ小規模な事業個人事業主や年会費の支払いを少しでも抑えたい事業者におすすめできるカー^の方も安心して持つことができます。プライベート・事業の支払いを分別する最初のカードにぴったりです。

入会金 年会費 旅行損害保険 発行までの時間
無料

初年度無料

翌年度以降

1,250円(税別)

 

JCBゴールド法人カードの詳細
公式サイト