プロミス(自営者カードローン)

プロミス自営者カードローン

※申し込みページでは年率4.5%~17.8%と表記されていますが、自営者カードローンは年率6.3%~17.8%となります。

大手消費者金融のSMBCコンシューマーファイナンスのプロミスが自営業を営む方を対象にしたビジネスローンです。

個人向けカードローンでは、業界トップクラスとなる最短30分の審査と融資までも最短1時間で完了させるスピード対応が有名ですよね。

そんなプロミスが事業者にも同じように最短即日融資ができるようにと提供しているサービスが「自営者カードローン」です。

個人向けのローンでは借入した資金を事業性目的には使えないデメリットがありました。

しかし、自営者向けである当ローンであれば、判別のしにくい自営業者の事業資金・プライベート資金の両方で利用できます。

もちろん、担保・保証人は個人向けカードローンと同様に不要で契約することができます。

最大300万円までの融資枠

プロミスの自営者カードローンの融資枠は、最大300万円と自営業では十分な枠を用意してくれています。

通常のフリーキャッシングでは最大500万円からすると少なくなっていると軽視しがちですが、総量規制(年収1/3までしか借りれない)の関係で、実際は100万円以下の契約となる方が多いと言えます。

自営者カードローンであれば、事業性として総量規制の例外となり、他社での借入額や自身の年収額などに限度額の制限を受ける事はありません。

金利も年率6.3%~17.8%と個人向けと変わらない消費者金融っぽさが残りますが、同じビジネスローンを展開するオリックスVIPローンカード BUSINESS(年率17.8%)やビジネスパートナー(年率18.0%)と比較しても決して悪い金利設定とは言えません。

最短即日で借りれる自営者ローン

自営者カードローンも契約手続きに違いはなく、パソコンや携帯から24時間申込みが可能となります。

審査通過後に無人契約機・店舗(お客様サービスプラザ)で契約手続きをすれば、最短即日で融資を受けることもできます。

事業性に使える資金を最短即日で借りられる魅力は他社のビジネスローンを圧倒するスペック。

インターネットから事前に申込しておけば、契約手続きの時間を短縮し、スムーズに融資を受け取れる点は要チェック。

プライベートでも事業でも急ぎで資金が必要になった場合、まず最初に検討したいビジネスローンの一つです。

個人向けではないため、用意する書類が異なる点は注意が必要です。

  • 本人確認書類
  • 確定申告書
  • 青色申告決算書(または収支内訳書)

また、事業を疎明する書類として、営業許可証や受注書・納品書・請求書・領収書など(直近1年以内)を忘れないように用意しておきましょう。

プロミスの無人契約機は業界一の設置数

メガバンクのグループ企業ということもあり、充実したサービス内容を誇るプロミス。

今日のキャッシング契約には欠かせなくなった無人契約機は、プロミスは業界一の設置数1,110台を誇ります。(15年10月末時点※法人カードローン.com調べ)

無人契約機は自分ひとりで手続きができる自動契約機なので、誰にも会わずに契約することができます。

営業時間も9時~22時(※一部21時)までと遅くまで営業しており、土日祝日も利用できる年中無休です。

初めて利用で30日間無利息サービス

初めてプロミスを利用される方を対象に無利息期間を設けてくれています。

利用条件のハードルはないに等しい、メールアドレス登録とWeb明細書の設定のみ。

無利息期間は初めてプロミスを利用した翌日から30日間が対象となるので、緊急用のローンカードとして1枚持っていると便利。

プロミスカードは年会費も無料なので、いつでもコンビニなど提携ATMからすぐに無利息で借入できるという心のゆとりが持てます。

プロミス

プロミス(自営者カードローン)の詳細

カード名 プロミス(自営者カードローン)
限度額 1~300万円
実質年率 6.3%~17.8%
審査期間 最短30分
借入方法 プロミスATM、提携ATM、振込
返済方法 プロミスATM、提携ATM、口座振替
担保・保証人 不要
手数料・保証料 不要
発行元 SMBCコンシューマーファイナンス株式会社