銀行融資体験談

運転資金の確保の為、とある金融機関にて融資の申し込みをしてきました。
毎回思うことが、手続きが面倒くさいです。
銀行員に「あれ出せ、これ出せ」と言われて持って行ったら、「ここが間違っていますので書き直しです」と言われ…。

 

お宅が間違ったら簡単に訂正印押して終わりなのに、私は書き直しですか?なんて思いながらも、きっちり言われたことには従います。
昔はプロパーで支店長権限でぱっと融資してくれたのに、業績不振からか、協会付き融資を必ずと言っていい程勧められます。
それでも最近の営業マンは癖がないと言いますか、たまたまいい人に当たっただけかもしれませんが、誠実に物事を進めてくれているので不満ばかりではありません。

 

この前、ふと利息計算書なるものをじっくり見ていて気づきましたが、借入の時に引かれるお金って支払利息だけではないんですね。
保証料やら印紙代やらもとられて、安い金利で良い商品ですよみたいに言っていた割には、割高に感じたりもしてしまいました。

 

それにしても、お金を借りに行く際の銀行の中の独特な雰囲気が苦手なんですよね。
「あの会社、融資を受けに来ているわ」みたいな主婦層の目が、若干気になってしまっている自分がいます。