ビジネスローンなら無担保で資金調達

中小企業の法人経営者や個人事業主にとって、運転資金やつなぎ資金の資金調達は重要な業務となります。

 

また、会社や事業運営を安定化させるために欠かせないのが事業資金の確保ですが、取引先などの入出金のタイミングも影響するため、どうしても現金が足りない場合もあります。

 

そこで便利なのが、担保なしで融資を受けられるビジネスローンの活用です。

 

 

 

そもそも担保とは

担保は、ザックリ言うと企業や事業者が融資を受ける際、万が一、返済が困難になった時に変わりに差し出すための資産のことです。

 

主に銀行融資(プロパー融資など)では低金利での貸付となるため、銀行としても貸倒リスクを考慮しなければならず、担保が必要になることがほとんどです。

 

銀行などの金融機関は返済金に含まれる金利で利益を上げていることから、何としても返済してもらわなければマイナスになるのです。

 

最悪の場合でも担保があれば、そこから返済金を確保することができるのです。

 

主な担保
・不動産担保(土地・建物など)
・有価証券担保(株式・社債)
・動産担保(売掛債権・棚卸資産など)
・指名債権担保(預金・手形など)

 

銀行系とノンバンク系

ビジネスローンには主に銀行系とノンバンク系があり、各々で特徴は異なります。

 

メリット デメリット
銀行系 信用度が高い
低金利での借入が可能
担保が必要
審査期間が長い
ノンバンク系 審査スピードが早い
担保も不要
金利は高め

 

いずれも個人向けの金融商品に比べると大口融資になる可能性が高いビジネスローンなので審査基準は高くなります。

 

ただ、ノンバンク系のビジネスローンでは第三者保証人を立てる必要がなく、法人であれば代表者(社長など)が連帯保証人になることで新たに保証人を探す必要がありません。

 

ただ、審査の際には社長個人の信用情報も審査に影響してくることになります。

 

申込者自身に返済滞納・延滞などの事故情報があれば、審査の大きなマイナス要因となります。

 

ビジネスローンが無担保になる理由

一般の個人向けカードローンは無担保・無保証人でお金を借りることができ、資金使途も自由となっています。

 

しかし、通常のカードローンでは借入したお金を事業目的に使うことができません。

 

そこで事業性資金としても使えるビジネスローン(ノンバンク系)ですが、個人向けカードローンと同様に無担保で借入することができるのが一番の特徴です。

 

上記でも説明してきたようにノンバンク系とは言え、貸倒のリスクが当然ある中で、なぜビジネスローンでは無担保での貸付を可能としているのか気になるところ。

 

無担保での貸付の大きな理由は高い金利設定になります。

 

もちろん、高い金利とはいえ、法律に基づいているため、法外な金利設定というわけではありません。

 

ただ、公的融資や銀行系などの金融機関と比較すると金利が高くなっていることは否めません。

 

ビジネスローンは借金なので借入期間が長くなるとそれだけ支払う金利負担も大きくなります。

 

支払う利息が増えれば増えるほど無担保のメリットも軽減してしまうため、できるだけ短期での返済を意識しておくことが重要です。

 

ビジネスローンの人気ランキング

 

無担保で借りれるオススメのビジネスローン

ビジネクスト

経営者・個人事業者向けのビジネクストなら業歴2年以上あれば個人事業主の方でも利用でき、無担保で事業融資を受けることができます。

 

借入限度額1,000万円に対して年率8.0%〜18.0%の金利で事業資金を借入することができます。

 

また、一時的な事業資金調達というのであれば、初回無利息で融資をしてもらえるビジネスパートナーもオススメ。

 

ビジネスローンでの無担保に加えて最大45日間無利息で借りることができるビジネスローンは極めてサービスの高い金融商品と言えます。