横浜銀行カードローン

横浜銀行カードローン

 

神奈川県にある横浜市は日本でも有名な市の一つだと言えますが、その横浜市に拠点を置く横浜銀行が提供している横浜カードローン。
全国でもトップクラスの規模を誇る信頼性の高い地方銀行として、カードローン利用者としても都市銀行と合わせて検討できるスペックを誇っています。

 

 

年率1.9%〜14.6%の低金利で安心

年率1.9%〜と銀行カードローンの中でも低い金利設定となる横浜銀行カードローンですが、金利比較の際には上限金利ですることが重要です。

 

利用限度額に応じて適用金利は設定されるため、限度額の低いはじめのうちは高めの金利設定になることが一般的。

 

しかし、横浜銀行カードローンの金利は、上限金利であっても年率14.6%とメガバンクにも引けを取らない金利設定となっています。

 

カードローン

実質年率

横浜銀行カードローン

年1.9%〜14.6%

みずほ銀行カードローン

年3.5%〜14.0%

三菱東京UFJ銀行カードローン

年1.9%〜14.6%

りそな銀行カードローン

年3.5%〜12.475%

 

長い目でみたときに複数の金融機関との取引は審査的にも管理面でもプラス要素とはいえません。

 

一社と長く付き合うと考えたときに、最低金利が低い横浜銀行カードローンはメガバンクとならんで検討できる存在だと言えるでしょう。

 

横浜銀行カードローンは事業資金以外なら自由に使える

横浜銀行に限らず、個人向けに提供するカードローンは基本的に借りたお金を自由に使うことができます。

 

しかし、事業性資金を目的としては使うことができません。

 

一部、個人事業主の場合、消費者金融で借りたお金を事業資金として使うことができるものもありますが、個人向けの銀行カードローンでは事業資金に使えないものがほとんどです。

 

 

ただ、資金調達をする上で低金利の特性がある銀行カードローンを使わないのは勿体ないことです。

 

例えば、事業での売り上げ額を事業で完全に回すようにして、個人の生活費を銀行カードローンで借りるという考え方があります。

 

同じ金額を借りるにしてもビジネスローンとカードローンを比較した際に低金利な方を選択されてはいかがでしょうか?

 

また借入先が銀行というところでの安心を得られるというメリットもあります。

 

最短で即日でも借りれる横浜銀行カードローン

融資までに時間がかかると思われがちな銀行も、横浜銀行カードローンであれば最短即日融資に対応しています。

 

インターネット申し込みなら24時間365日の受付をしてくれているので、必要になったときにいつでも申し込みすることができます。

 

 

ただし、土日祝日は審査に対応していないため、平日に限られてくる点には注意。

 

また、営業時間のギリギリに申し込みをしても審査回答が翌営業日以降になることもあるので早めの申し込みをおすすめします。

 

どうしても土日祝日に借りたい場合は専業系の消費者金融、または自動契約機を設ける新生銀行カードローン(レイク)か三菱東京UFJ銀行カードローン(バンクイック)の利用を検討してみられるとよいでしょう。

横浜銀行カードローンの金利(保証料含む)

お借入限度額 金利
100万円以下 年14.6%
100万円超200万円以下 年11.8%
200万円超300万円以下 年8.8%
300万円超400万円以下 年6.8%
400万円超500万円以下 年4.8%
500万円超600万円以下 年4.5%
600万円超700万円以下 年4.0%
700万円超800万円以下 年3.5%
800万円超900万円以下 年3.0%
900万円超1,000万円未満 年2.5%
1,000万円 年1.9%

※変動金利(随時見直し)

横浜銀行カードローンの詳細

カード名 横浜銀行カードローン
限度額 1,000万円
実質年率 1.9%〜14.6%
審査期間 最短即日
借入方法 ATM/CD(自社)、ATM/CD(提携金融機関)、ATM/CD(コンビニ)、インターネットバンキング
返済方法 ATM/CD(自社)、ATM/CD(コンビニ)、口座自動引落
担保・保証人 不要
発行元 株式会社横浜銀行