ビジネスローンを法人経営に役立てる

法人・会社の経営者は、企業を安定した経営を目指して舵を切るためにも資金調達に取り組まなければなりません。

 

会社運営に必要な運転資金やつなぎ資金が不足すると経営維持に影響がでるため、自己資金でカバーできない分は金融機関が設ける事業融資商品などを活用して資金調達するのが一般的です。

 

資金を集める方法としては公的金融機関や民間金融機関からの融資です。

 

政府が出資している日本政策金融公庫からの公的融資やメガバンクをはじめとする都市銀行からの事業融資であれば、借りる側としても安心できます。
しかし、公的融資は審査が厳しく、提出書類も事業計画書・借入計画書など多数の書類が必要になるなど審査も含めて融資までに1ヶ月以上かかるケースもあります。

 

そこで銀行系やノンバンク系が設けているビジネスローンが資金調達に役立ちます。

 

 

そもそも融資を受ける目的とは

企業のキャッシュフローがうまく回っていないと資金不足に陥ります。

 

日頃の資金繰りを怠っていると予期せぬ事態や現金が必要な時にキャッシュが足りなくなったり、銀行融資も間に合わないと言った事も十分に考えられます。

 

経営状態が悪ければ融資審査が困難なケースもあり、運転資金が足りなくなると取引先への支払いや人件費などの固定費の支払いも出来なくなってしまいます。

 

資金調達ができないデメリットは、例えば、新規事業の立ち上げや設備資金、事業拡大を目指す場合にも言えることです。

 

順調に売上げを伸ばして利益を計上できている場合も、事業拡大の資金が貯まるまで何もしないとビジネスチャンスを失う可能性もあります。

 

決して資金調達は悪い意味のものではなく、会社の経営安定や成長にとって必要不可欠なものなのです。

 

ビジネスローン活用のメリット

そこでおすすめするビジネスローンとは、金融機関が法人・自営業者・個人事業者向けに用意している事業資金利用が可能な商品であり、主に銀行や消費者金融(ノンバンク系)が取り扱うサービス商品です。

 

ビジネスローンの特徴は、金利は公的金融機関や銀行と比べると高く設定されていますが、申込みから融資まで最短即日から数日程度で手続きを行えるスピード対応が武器です。

 

法人での契約は代表者が連帯保証人となりますが、第三者保証人・担保が不要と誰にも迷惑をかけずに資金調達できるメリットもあります。

 

金融業者にもよりますが、ビジネスローンの利用には融資対象者は業歴2年以上が基本となり、確定申告書や2期分の決算書の提出が求められることがあり、不動産担保などもないので限度額は500万円前後と公的融資と比べると融資額が低くなるなど貸付条件は理解しておきましょう。

 

借入方法としてはカードタイプであれば、コンビニなどの提携ATMからキャッシングできる手軽さがあり、銀行休業日などでも問題なく融資を受けることができるので、経営上での資金調達に柔軟な対応ができるようになります。

 

さらに事業資金は、総量規制の対象外となるので、契約者の事業所得の年収1/3以上の利用限度額で契約することも可能です。

 

自己資本の少ない中小企業などにとって、ビジネスローンが一枚あると急ぎの資金調達に役立ちます。

 

ビジネスローンの注意点

ビジネスローンの大きなデメリットは、銀行など公的金融機関と比較すると浮き彫りになる高い金利です。

 

商品名 実質年率
オリックスVIPローンカード BUSINESS 年率6.0%〜17.8%
ビジネスパートナー 年率9.98%〜18.0%
プロミス自営者カードローン 年率6.3%〜17.8%
ビジネクスト 年率8.0%〜18.0%

 

個人向けのカードローンでも言えますが、銀行カードローンと消費者金融の金利比較では、業者にもよりますが基本的に銀行の方が低金利です。

 

ビジネスローンも、利用期間が長くなればなるほど、返済額が膨らんでしまうこともあるので、計画的な利用と早期返済が望ましいでしょう。

 

審査が厳しく、融資スピードも考慮した上にはなりますが、銀行や公的金融機関の金利は、年率10%を下回るような低金利なので、公的融資を受けられるものであれば活用した方がいいでしょう。

 

ただ、ビジネスパートナーでは最大45日、プロミス自営者カードローンであれば30日間の初回無利息サービスが設けられているので、初めてのカードローンを利用する方も安心して利用することができます。

 

最大45日間の無利息ビジネスパートナー詳細

 

急ぎの資金調達に有効的

早く借りたい場合や、銀行の審査になかなか通らない場合など、一時的な資金調達・つなぎ資金であれば、ビジネスローンでの借入がスピーディで対応策としても効果が高いと考えられます。

 

ビジネスローンの利用枠では、500万円〜1,000万円程度となっているので、企業としては借りすぎる心配もないかも知れません。

 

また、ビジネスローンの必要書類は少なくて済むので準備の手間が省けます。

 

例えば、経営者・個人事業主専用のカードローン「ビジネクスト」であれば、個人事業主の場合、本人確認書類と確定申告書(2年分)のみ。

 

高額な資金調達にも対応できる限度額1,000万円のビジネスローンであり、セブン銀行ATMと提携することで全国各地で利用することができます。

 

ただし、確定申告書からも業歴2年以上でなければ申込できない点には注意が必要です。

 

全国のセブン銀行ATMが使えるビジネクスト詳細