ビジネスローンの注意点

会社や個人で事業をしていると不測の事態で資金不足になることもあります。

 

予期せぬ設備の修理費や季節要因での利益減少、もちろん、マイナス面だけでなく積極的な新規事業のための事業性資金の調達にも便利なのがビジネスローンです。

 

最短で即日融資も可能となるなど、短時間で融資を受けられるビジネスローンは経営者や個人事業主にとっては心強い資金調達方法と言えます。

 

その理由の一つに、ビジネスローンなら契約者となる法人経営者となる代表者が連帯保証人になることで無担保・第三者保証人が不要で借入できる点があります。

 

事業融資とは言え、ビジネスローンであれば不動産担保なども必要なく、必要書類として利用者の本人確認書類のほかには決算書など事業所得を証明できる資料(収入証明書)があれば問題なく利用できます。

 

あえてビジネスローンの貸付条件として注意するとすれば、事業歴が設けられており、二期分の確定申告書が必要になるケースもあります。

 

もちろん、赤字決算では審査通過は難しくなりますし、一定の業歴がビジネスローンの申込には必要になることから開業資金を資金使途とした活用はできません。

 

また、他にもビジネスローンの利用の前に必ず確認しておくこと、注意しておかなければならない点もあるのでここで紹介していきます。

 

  • 公的融資や銀行融資より金利が高め
  • 返済が厳しくなる場合もある
  • ビジネスローンはメインの資金調達にしない

 

 

金利が高いので返済負担を事前確認

ビジネスローンの一番の魅力は融資スピードですが、その分、金利が高めの設定となります。

 

審査時間も含めて早く融資を行うということは、ジックリ審査ができなたいめ、貸付する側もリスクを伴うことになるのです。

 

そのリスクとは事業悪化や倒産などで全額返済してもらえなかった場合などの貸倒リスクのことです。

 

元金に加えて返済額に含まれる利息で収益を上げるビジネスローンなので、返済してもらえなかった場合のリスクも考えて審査・融資を行っているのです。

 

 

一方、ビジネスローンと比較すると公的融資や銀行融資の審査基準は高くなります。

 

申し込みには事業内容の分かる事業計画書などの書類も用意する必要があり、審査にも数か月かかる場合もあるなど融資実行までに期間がかかります。

 

その変わり、低い金利での借入ができる点は大きな魅力と言えるでしょう。

 

少しでも低金利で融資を受けたいところですが、資金調達にはスピードも重要なのです。

 

融資までに時間がかかって事業に支障がでたり、ビジネスチャンスの機会損失に繋がることがあっては大損の可能性もあります。

 

返済が厳しくなる場合もある

ビジネスローンは融資スピードが早い分、金利が高めの特性を持っています。

 

そもそも自己資産が潤沢にあれば、わざわざ外部の金融業者から融資を受ける必要もありません。

 

しかし、自己資本の少ない中小企業や個人の自営業者は、融資を受けることで運転資金や設備資金など必要な資金を確保しなくてはならないのです。

 

そこで重要になるのがビジネスローンで借入する際に、返済計画がキチンと立てられているかどうかという点です。

 

借りたお金は借入期間が長くなればなるほど負担する利息も増えることになることから、金利の高いビジネスローンは元々長期間の借入には向いていません。

 

借入後に業績が急に悪化して返済資金を確保できなくなることも十分考えられます。

 

滞納や延滞が続くと利息は膨れ上がってしまい、最終的には返済不能となってしまう可能性もあるので、ビジネスローンでは借り過ぎないことが大前提です。

 

短期間での借入目的や緊急性の高い場合に利用することがポイントです。

 

ビジネスローンはメインの資金調達にしない

ビジネスローンやカードローンの返済方式・返済方法としては、残高に応じて月々の返済額が決められる残高スライドリボルビング返済や月々の返済額が固定されている元利均等返済など様々です。

 

一定額の返済額が決まっていれば返済プランは立てやすいものの、月々の最低返済金額だけでは借入期間が長引いてしまう可能性もあるため、提携ATMなどから追加で随時返済することを前提でビジネスローンを利用したいところです。

 

あくまで金利負担が大きいビジネスローンですから、短期間などのつなぎ資金として活用するような使い方が望ましいと言えます。

 

銀行や公的金融機関から低金利で借入できるのであれば、それに越した事はないため、審査待ちや融資までのつなぎ資金として融資スピードの早いビジネスローンは利便性が高いのでおすすめです。

 

安定した事業運営をするためには資金調達を止めるわけにはいきません。

 

そもそも公的融資・銀行融資かビジネスローンのどちらかというような極端な話ではなく、資金繰りを行いながら経営状況を安定させることが重要なのです。

 

急ぎや緊急性の高い資金調達にはビジネスローン、設備投資や融資額が大きい資金調達に関しては低金利の公的融資や銀行からの融資など上手く使い分けをしましょう。

 

ビジネスローンなら入会費や年会費も無料なので、まずは一枚だけでも持っておくと資金調達が必要になった場合にも慌てることもありません。