商工ローンとは

金融商品としてのローンには自動車ローンや住宅ローンのように目的別に様々なタイプのローンがあります。

 

その中でも商工ローンはビジネスローンとも呼ばれていることからわかるように、企業向けに事業資金の貸し出しをしているローンです。

 

自営業者などの個人事業主や法人であっても零細企業や中小企業において資金調達は大きな課題です。

 

事業をする場合、開業資金、運転資金など、様々な資金が必要であることから、こうした事業者金融に頼る経営者もいるのです。

 

商工ローンはメリットもいろいろありますが、それでも借金の一種ですからデメリットも存在しています。

 

これらの長所短所を十分に理解したうえで、借りるようにしましょう。

 

 

事業者向けの各種融資

事業者に対する融資としては日本政策金融公庫などに代表される政府系金融機関の融資がよく知られています。

 

公的金融機関を活用すれば比較的低金利で借りられるのがメリットと言え、起業する際にも借りることが出来るなど、起業資金の融資先としても活用できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

それ以外に融資を受けられるのはやはり銀行などの金融機関です。

 

企業がお金を借りる際、第一候補となるのが銀行融資です。

 

銀行、信用金庫、信用組合など金融機関自体はたくさんありますが、いざ借りるという時には相談がしやすいメインバンクと呼べる金融機関に頼むケースが多いと思います。

 

企業にとって資金の確保は重要な問題ですから、普段からの金融機関との付き合いは大切にしなければいけません。

 

こうした銀行以外にノンバンク系の金融機関なども事業性資金の融資を行っています。

 

それがいわゆる事業者向けの商工ローンと呼ばれているものです。

 

個人を相手に貸し出しを行う消費者金融がありますが、商工ローンはその事業者版と考えるとわかりやすいでしょう。

 

商工ローンは銀行系列のノンバンクや街金融など、消費者金融系の金融会社が行っています。

 

事業者がお金を借りる場合の優先順位としては銀行や政府系金融機関が第一候補となりますが、それらの機関が貸してくれない場合や急ぎで資金が必要な場合につなぎ融資として商工ローンは利用されています。

 

商工ローンのメリットは?

たくさんある事業者向けのローン制度の中で商工ローンにはどういうメリットがあるのでしょうか?

 

先ず、真っ先に思い浮かべるのは融資の審査基準が厳しくないという点です。

 

これは日本政策金融公庫や銀行などと比べた場合、明らかに言えることです。

 

そもそも融資額が大きいという点もありますが、特に信用保証協会の保証を受けず、銀行から直接の融資を受けるプロパー融資では、事業実績と信頼関係が築けていなければ融資審査には通らないでしょう。

 

しかし、銀行から融資を断られた場合でも、商工ローンなら審査が緩いためお金を借りられるので、資金繰りに困った場合の頼みの綱と言えるでしょう。

 

既に銀行からの借り入れがあり、これ以上追加で融資を受けられない場合でも、商工ローンなら借りられるケースが多いのです。

 

もちろん、いくら審査が緩いと言っても、きちんと審査がありますので、代表者個人だけでなく法人信用情報も含め、過去に返済の延滞など金融事故を起こしている場合は審査に落ちる可能性があります。

 

商工ローンのメリットとして、審査期間が短いという点も挙げられます。どうしても急ぎのお金が必要という場合、審査結果を待っている余裕がないケースもあります。

 

そんな場合、審査が早く、手続きも簡単、迅速にお金を借りられる商工ローンの活用は大きなメリットです。

 

商工ローンの場合、担保が求められるところもありますが、無担保で貸し付ける貸金業者もあります。

 

担保が必要ないという点は借りる側からするとメリットと言えるでしょう。

 

通常、担保融資の場合、不動産を担保として求められるケースもあります。不動産担保付融資の場合、かなり高額の資金も借りられます。

 

無担保で利用しやすい商工ローンも昔は消費者金融と同じで取り立てが厳しかったものです。

 

今でも、そのイメージがありますが、以前のような厳しい取り立ては無くなっているので、その点は安心しても良いと思います。

 

また、商工ローンは資金使途がビジネス用であるため、貸金規制法(総量規制)による年収に応じた借入上限設定が適用されないことも利点と言えます。

 

ただ借り過ぎには注意しなければならず、身の丈に合った利用が求められます。

 

商工ローンのデメリットは?

お金を借りる際、借りる側が最も重視するのが金利。借りた額に対して、何パーセントの金利が付くかは大きな関心事だと言えます。

 

ちょっとした金利の違いでも長い返済期間の間に大きな金額になってくるので、出来るだけ金利は低いところで借りるようにするべきです。

 

そういう意味では商工ローンは金利が高いのが最大のネックと言えます。

 

法律の上限に近い金額での融資となることも多いのです。

 

融資の審査が甘い代わりに金利が高いのが商工ローンがもつ基本的な性格ということになります。

 

ですから長期的な資金計画ではなく、あくまで緊急、臨時的なつなぎ資金として利用されるケースが多いと言えます。

 

借入金額は必要資金を最小限のみ借りるようにするとともに借入先の金利は必ず確認するべきです。

 

出来れば複数の金融会社の金利を比較して、最も金利が安いところを選ぶようにするのが賢い方法です。

 

また、借り入れの際、一般的に連帯保証人が求められます。お金を借りても返せないときには、連帯保証人が代わって支払わなければいけません。

 

もし、借りた本人と連帯保証人が返済できなければ、連帯保証人自身が自己破産するというケースもあります。

 

つまり、借りた人が払えない場合、連帯保証人がそれをかぶり、支払う義務が生じるわけです。

 

そうした事例が多いことから友人や親せきでも連帯保証人になってほしいとは頼みにくいものであり、連帯保証人の成り手を見つけるのは難しいのが実際のところでしょう。

 

しかし、ビジネスローンでは利用者でもある法人代表者が連帯保証人となることで第三者保証人を設けなくて良いケースがあります。

 

商工ローンのもう一つのデメリットは、銀行からの融資に影響するという点。

 

つまり、商工ローンを借りるということは、ノンバンクから借金をしているということになるので、銀行がマイナス評価を行い、お金を貸してくれなくなるということがあるのです。

 

銀行に知られたら、貸しはがしをされるという話も聞きます。

 

借入先がどこかということは、法人の信用情報に関わるという点も意識しておく必要があります。

 

商工ローンを借りる際の心得

以上のように、急場しのぎという点ではメリットがある商工ローンですが、金利など返済条件においては、かなり条件が悪いことが理解できたと思います。

 

ローンというのは、結局のところ借金です。この点をしっかりと認識し、商工ローンに過度に頼るのは避けましょう。

 

あくまでも、必要最小限の額を一時的に借りるという利用の仕方を守るべきです。

 

借入額が大きいと、その金利支払いだけでアップアップになります。

 

借り入れる際には、どれぐらいの金利支払いが生じるかを確認し、ビジネスプランと対照させたうえで、払えると確信が持てる場合にのみ借りるようにしましょう。

 

ですが、商工ローンに頼る段階の時には、銀行などの金融機関からはもう借りられないというケースが多いもの。

 

そんな場合、資金のことで頭がいっぱいになり、冷静な判断ができなくなってしまっている方もたくさんいます。

 

例え、そんなときであってもヤミ金融から借りることだけは避けましょう。危険性が高いヤミ金融だけはいかにお金に困っても絶対に手を出してはいけません

 

法定利息をはるかに超える闇金の金利は、常識的に考えて返せるはずがないのです。

 

資金繰りに行き詰まり、途方に暮れて、闇金から借りるというケースが後を絶ちません。

 

闇金の見極め方法は、きちんと許可を得ている業者かどうかという点。

 

日本貸金業協会や金融庁のホームページで登録業者の検索サービスがあるので借り入れ前に必ず確認するようにしましょう。