ビジネスローンとカードローンの違い

ビジネスローンとカードローンは似た言葉ですが、まったく異なるサービスとなります。

 

当然ながらビジネスローンは法人経営者や自営者向けの商品となるので、ここでは事業主の立場である方しか使うことはできないことが前提にあります。

 

いずれにせよ、ビジネスローンでもカードローンでもお金を借りられるという点では同じサービスですが、その資金使途や契約条件などが違うため、目的に応じて必要な方を選択しなくてはなりません。

 

ここではビジネスローンとカードローンの特徴の違いについて紹介していきます。

 

 

事業性資金として使うならビジネスローン

カードローンはCMなどでもよく見かけることがありますが、あくまで個人向けのローン商品となります。

 

無担保・連帯保証人なしで利用できるのが特徴ですが、資金使途としても個人での出費の範囲のみとなります。

 

例えば、生活費や子供の塾代などの教育費であれば問題なく使えます。

 

一方、ビジネスローンは法人経営者や個人事業主などの事業をしている方を対象としたローン商品になります。

 

どうしても事業をしていると資金不足になってしまうことがあります。

 

これは売上・利益があったとしてもありえることで、取引先に請求書を出しても支払い・入金タイミングまでの誤差で現金が不足することが考えられます。

 

滞納するとお互いの企業間での信頼関係にも影響がでるので避けなければならず、自分たちが支払うつなぎ資金などは自分たちで調達しなくてはなりません。

 

従業員などへの給与もそうですが、このような事業運営に関わる費用は事業性資金になるので個人向けのカードローンで借りたお金を利用することは原則できません。

 

ビジネスローンとカードローンの違い

ビジネスローンとカードローンでは資金使途のほかにも違いはあります。
大きなところでは下記のようなものがあります。

 

  • 資金使途(事業性資金に使えるか)
  • 金利
  • 限度額

 

資金使途については前述しているので金利からみていきたいと思います。

 

ビジネスローンの金利は高め

ビジネスローンの大きな特徴として融資スピードが早い点があります。

 

消費者金融が提供する個人向けカードローンでも申し込みから最短1時間で融資をしてもらえるサービスもあり、ビジネスローンも最短即日から数日で事業資金を融資してもらうことができます。

 

スピード融資というメリットと引き換えになるのが金利で、融資が早いということは審査もゆっくりしている時間がないのと同じことでもあります。

 

信用力を重視して融資をしてくれているための代償に金利は高めとなります。

 

商品名

実質年率

融資スピード

オリックスVIPローンカード BUSINESS

年6.0%〜17.8%

最短即日

ビジネスパートナー

年9.98%〜18.0%

書類到着後1日

プロミス自営者カードローン

年6.3%〜17.8%

最短即日

ビジネクスト

年8.0%〜18.0%

仮審査・本審査後

三菱東京UFJ銀行カードローン

年1.8%〜14.6%

最短即日

みずほ銀行カードローン

年3.5%〜14.0%

最短即日(要口座あり)

新生銀行カードローン(レイク)

年4.5%〜18.0%

最短即日

楽天銀行カードローン

年1.9%〜14.5%

審査通過後

アコム

年3.0%〜18.0%

最短即日

モビット

年3.0%〜18.0%

最短即日

アイフル

年4.5%〜18.0%

最短即日

 

一方のカードローンでも消費者金融系の金利はビジネスローンと同等クラスの上限金利では年率18.0%とするところがほとんどです。

 

しかし、銀行カードローンであれば年率14.0%前後の低金利なものもあるので、生活費の補填という目的であれば銀行カードローンを活用することをおすすめします。

 

限度額は最大1,000万円クラス

事業資金では設備投資のニーズなどもあるので借入できる金額は大きければ大きいほど使い勝手は高まります。

 

消費者金融では500万円〜800万円程度とするところが多いのに対して、ビジネスローンや銀行カードローンは最大1,000万円までの融資に対応してもらえます。

 

もちろん、借りたお金は返済が必要なので、上記で説明したように金利の関係からも長期間の借入はビジネスローンだけでなく個人向けカードローンであっても不向きと言えます。

 

あくまで返済期間が短い短期での借入に利用することがポイントです。

 

あと消費者金融の限度額設定においては総量規制(年収1/3の以下までの借入制限)の影響も受けることになります。

 

事業資金、または個人の資金目的であっても限度額が多ければ多いほど良いというのであればビジネスローンか銀行カードローンを利用されると良いでしょう。

 

所得証明など契約時の必要書類が多くなる

個人向けカードローンであれば本人確認書類だけで契約手続きができるケースもあります。

 

審査状況に応じて要求された場合や、50万円を超えるような契約額になると法律上からも所得証明書の提出が必須となることもあります。

 

しかし、収入が安定しにくいのが自営者の特徴でもあることから、ビジネスローンを利用する際には必ず所得証明書や事業実績を証明できる資料、決算書類などの提出が必要になることがほとんどです。

 

契約額に限らずに提出が必要という点からも審査基準が高くなっていることが伺えます。

 

働くのを止めると収入も止まるのが自営者の特徴でもあるので当然といえば当然のことかも知れません。

 

例えば、プロミス自営者カードローンでは本人確認書類のほかに下記のような書類が必要になります。

 

・収入証明書類
・事業実態を疎明する書類

 

収入証明書類では「確定申告書」、「青色申告決算書または収支内訳書」が必要となり、前年分とするなど最新の収支状況から審査されることになります。

 

また、事業実態を証明できるものとしては、営業許可証、発注書、納品書、報酬明細など発行一年以内のものと、やはり最新の情報が必要になります。

 

ただ、下記のようにプロミスの公式サイトにも自営者であっても確定申告書などが不要となるケースもあるようです。

 

 

しかし、審査を確実に進めたいということであれば、所得をアピールする意味でも収入証明書類は提出しておくことが望ましいでしょう。

 

この所得や事業実態の証明が必要になるのは何もビジネスローンだけではありません。

 

昨今、消費者金融や銀行カードローンでも自営者の申し込みは受付対応してくれるところがほとんどですが、自営者として申し込みするには所得証明書の提出が必須となる楽天銀行カードローンなどもあります。

 

申し込みの前に商品内容をシッカリと確認しておくことが必要です。

 

借入はATMだけでなく振込融資も確認

ビジネスローン、カードローンに共通して言えることが、借入方法にはATMのほかに振り込み融資があるということです。

 

ローンカードを使ってATMで出金することも多いですが、手数料無料のものを選ぶことをおすすめしています。

 

例えば、三井住友フィナンシャルグループに属するSMBCコンシューマーファイナンスの「プロミス自営者カードローン」は、同グループの三井住友銀行の提携ATMなら手数料無料で利用することができます。

 

また、ビジネスローンでいえば、当サイトでもNo.1の人気がある法人経営者・個人事業主向けの「オリックスVIPローンカード BUSINESS」は三井住友銀行のほか、全国にあるゆうちょ銀行ATMも手数料無料で利用することができます。

 

また都市銀行だけでなく地方銀行のATMでも手数料無料とするところが多いのが、オリックスVIPローンカード BUSINESSの特徴のひとつでもあります。

 

近場のメインバンクなどの銀行ATMが無料で使えるか事前に確認しておきましょう。

 

さらに振込融資としてはオリックスVIPローンからジャパンネット銀行には即時振込サービスもあります。

 

週末や深夜も問わない融資サービスはひとつ確保しておきたいところです。

 

資金調達を急がないなら融資制度か銀行カードローン

事業用資金に関していえば、資金不足になることを絶対に避けなくてはなりませんので、急ぎか備えかで対応は大きく変わってくると考えられます。

 

急ぎであればビジネスローンを活用して最短即日、遅くても1週間以内のような数日間のうちに借入できるサービスを活用すべきです。

 

しかし、資金不足への備えであれば借入を急ぐ必要もないため、日本政策金融公庫(公的融資)や銀行融資は低金利でおすすめです。

 

また事業実績がない開業資金や業歴の短いケースでも活用できる特徴もあります。

 

デメリットとしては事業計画書や印鑑証明書などの準備物が多い点や審査など融資まで時間がかかる点がありますが、時間に余裕があるなら少しでも利息負担は下げられる方法を考えておきたいところですね。

 

また、生活費を目的とした資金調達であれば低金利な銀行カードローンがおすすめです。

 

もともとは消費者金融に比べて手続きに時間がかかっていた銀行のカードローンも、サービス向上で最短即日での借入ができる銀行も増えてきました。

 

ただし、銀行カードローンの貸付条件には当行の銀行口座が必要になるケースもあるため、余分な口座を増やしたくないという場合には注意しましょう。

 

新生銀行カードローン(レイク)

口座不要

三菱東京UFJ銀行カードローン

口座不要

楽天銀行カードローン

口座不要

オリックス銀行カードローン

口座不要

みずほ銀行カードローン

口座必要

りそな銀行カードローン

口座必要

 

最後にお伝えしておきたいのは、事業主であれば基本的に年会費や入会費は無料とするビジネスローンがほとんどなので一枚だけでも持っておくと便利だということです。

 

理由はそのままの意味ですが事業資金の調達にいつでも使うことができるからです。

 

個人での出費であれば身内や知人に借りることも可能かもしれませんが、事業資金に関しては高額になってしまうとなかなか即座に借りることができません。

 

例えば、個人事業者向けのプロミス自営者カードローンでは初回利用から30日間無利息サービス※を受けることもできます。
※メアド登録・WEB明細利用が条件

 

当然ながら年会費も無料なので持っておけば、緊急時に活用しても翌日から30日間は無利息期間として利息負担なしで借入できます。

 

ビジネスローンとカードローンの各々の特徴を理解したうえで、資金調達に備えるようにしましょう。