ビジネスローンのメリットとデメリット

事業を行うためには開業資金や運転資金・つなぎ資金など、いわゆる事業資金が必要となります。

 

それを自己資金だけで用意することが出来れば良いですが、それだけでは足りない場合、どこからか事業融資を受ける必要が出るでしょう。

 

資金調達方法は色々ありますが、その中にビジネスローンというものがあります。

 

複数ある事業者向け融資の中でも一般的な資金調達の一つと言えるでしょう。

 

ここでは、個人事業者、法人の経営者の強い味方であるビジネスローンの内容とメリット・デメリットについて考えてみたいと思います。

 

 

ビジネスローンとは何か?

ビジネスローンとは一体どういうタイプのローンなのでしょうか?

 

別名を商工ローンと言ったり、事業者ローンということもありますが、事業性資金の融資、簡単に言うとビジネスに必要な資金を貸してくれるものです。

 

主な対象は個人事業主や中小企業の経営者ということになります。

 

実際、こうしたローンの説明をよく見ると、個人事業主向け、中小企業向けだということがわかるような記述がされています。

 

一般に事業をしている人以外は個人向けのカードローンを利用することになるので、ビジネスローンには縁が無く、こうしたローン制度についてはよくわからないという人も多いと思います。

 

通常、ローンというと住宅ローンやマイカーローン、教育ローンなどを思い浮かべるかもしれませんが、ビジネスローンもこうしたローンの一種と言えます。

 

これらは定型貸出と呼ばれています。

 

金融機関がお金を融資する場合、いろんな条件を借り手と貸し手が交渉して決める非定型貸出と違って、定型貸出は一定の条件がはっきりと決められているパック型の融資商品だと考えると良いでしょう。

 

ですから、金額の上限額も決まっていますし、金利や貸し出し条件も目安があります。

 

ビジネスローンの種類

ビジネスローンはいくつかの種類に分けられ、一番わかりやすい分類は貸し出す機関による分類です。

 

貸し出す機関が銀行系なのかノンバンク系なのか、あるいは信販会社や消費者金融などの金融業者かで分けて考えるとわかりやすいと思います。

 

この中でも銀行融資は融資条件が厳しいのが一般的です。

 

逆にノンバンク系、特に消費者金融系は融資条件が比較的緩いと言われています。

 

ビジネスローンのメリット

では、ビジネスローンにはどういったメリットがあるのでしょうか?
以下、順番に説明していきます。

 

1.審査スピードが早い

ビジネスローンはパック商品のようなものですから、融資する場合の基準が決まっています。

 

それに見合う条件の人が対象になりますから、融資の申込み時点で選別されます。

 

それをクリアーして、ローンの審査対象に上がって来た案件に対して、貸し出す側は審査基準に照らし合わしてチェックするだけで審査が完了します。

 

そのため、審査が非常に早く、ビジネクストでは仮審査を含め、申し込みから数日で融資を受けられる可能性が高いです。

 

ノンバンク系のビジネスローンによっては即日融資も可能となるなど、緊急時にはビジネスローンで借りるのも手と言えます。

 

逆に公的機関の貸付は非常に時間が掛かるのが特色と言えます。

 

金利が安いなど貸付条件が良い代わりに、審査に時間が掛かるのです。

 

2.担保が必要ない

お金を借りる場合、担保を求められることもありますが、ビジネスローンはそれが無くても大丈夫です。

 

これは不動産などの担保が無い人には大きなメリットです。

 

不動産などの担保は評価などで時間がかかったりしますが、それが無いことでスピーディーな審査を可能にしています。

 

ですが、こうした無担保のビジネスローンの審査に通らなかった場合、不動産担保があれば、融資が出ることもあります。

 

いわゆる不動産担保融資と呼ばれるものです。

 

こうした担保を出すことで、利率などの貸し付け条件の面で有利になることもあります。

3.保証人無しでOK

ビジネスローンは契約する代表者が連帯保証人になるだけで新たに第三者保証人を設ける必要がないというのも魅力で、連帯保証人を頼める人がいない場合でも融資の申請ができるわけです。

 

第三者保証人だけでなく、身内の保証人も必要ないケースがほとんどで、保証会社を通す必要もないため余計な費用もかかりません。

4.振込融資が可能

融資方法として便利なのが振込み融資です。

 

いつも使っている通帳に振り込んでもらえれば簡単にお金を下ろすことができます。

 

ですから、銀行などへの振込融資は利用者としても非常に便利と言えるでしょう。

 

ビジネスローンのデメリット

一方、デメリットとしては次のようなものがあります。

1.金利が高い

融資を受ける側として一番気になるのが金利でしょう。

 

ビジネスローンは多くのメリットがある反面、金利が高いというデメリットも存在しています。

 

例えば、公的融資や担保のある融資と比べると、ビジネスローンの金利は高く設定されており、返済期間が長くなってしまうと負担する返済額も高額になってしまう可能性もあります。

 

貸し出す側は担保や保証人を取らないというリスクがあるため、その分、金利が高くなるのは仕方がないと言えるでしょう。

 

同じビジネスローンであっても、銀行などよりノンバンクや消費者金融のビジネスローンの方が金利の高いものが多くなります。

2.書類が必要

ビジネスローンの利用には、確定申告書や事業計画書などの提出が必要になったりします。

 

書類が必要ということで面倒に感じる人も多いようです。

 

こうした決算書などの書類を使って、融資の可否が判断されることになるため、利益を上げて返済ができると貸出側が判断しなければ融資が下りません。

 

複数年の確定申告書が必要になるなど、一定以上の業歴が必要になる場合もあります。

3.個別交渉ができない

ビジネスローンは条件が決まった金融のパック商品のようなものですので、その条件に合わなければ借入れができません。

 

融資の審査に落ちた場合、個別の交渉は難しい考えましょう。

4.資金使途が限られる

融資を受けたお金はビジネス用の資金となります。

 

例えば、不動産担保融資等の場合、資金使途に制限が無かったりしますが、ビジネスローンは資金使途が限られます。

 

まとめ

以上、ビジネスローンのメリットとデメリットについて書いてきました。

 

事業資金としては国民金融公庫等に比べて融資が早いのが利点になります。

 

そうしたスピーディーさに加えて、保証人がいらない点や担保が必要ない点などから、緊急にお金が必要な場合、ビジネスローンが第一の選択肢となる場合も多いと言えます。

 

ただ、事業資金を確保するうえで優れた点をたくさん持っているビジネスローンですが、デメリットもあることがわかったと思います。

 

これらの両面を考えながら、ビジネスローンを使うかどうか判断するようにしましょう。

 

また、同じビジネスローンと言っても貸出条件はさまざま。

 

より有利な融資条件で借りるためには、各ビジネスローンの利息を比較してみることも大切です。

 

貸出機関が違えば、金利も大きな違いがあるものです。

 

審査通過率を上げるためにはシッカリした事業内容であることはもちろん、資金計画、返済計画がきちんと整っていることを示す必要があります。